NEW

馬主が数千万円の大口勝負…破壊力抜群の驚愕情報!百円が数十万円に化ける?

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
banushiseki1.jpg情報を制するものが勝利する

数百万円から数千万円を生み出す情報

 世の中には、さまざまな情報が存在する。ワイドショーを賑わす芸能人の裏情報、政治で飛び交う怪情報というものもあるし、スポーツ選手の裏話、株においてはインサイダー情報と、多種多様だ。そういった情報のなかで、最も価値が高いといえるのが「競馬の情報」だろう。なぜなら、競馬の情報は馬券の的中、つまり「お金」につながるものであり、誰もが欲しがるものだからだ。

 仮に、あなたがある関係者から「今週の●●レースに出走する馬は、人気はないけれど2着以内に入る状態に仕上がっている。ぜひ馬券を買ってみてほしい」といわれたとしよう。半信半疑でその馬絡みの馬券を100円買ったところ、人気薄で勝利し3000倍の配当が付いたとする。その瞬間、あなたは30万円の配当を手にすることになる。100円が一瞬で30万円になる、これが競馬情報の凄さだ。

 それを体験したときには、「1000円買っていれば300万円、1万円買っていれば3000万円になっていたのに……」と後悔するはずだ。そして、その後に同じ関係者から「もう一頭そういう馬がいる」と言われれば、あなたは身を乗り出してその「情報」に聞き入るはずだ。

 人気のない馬は高配当につながる。しかし、マスコミが記事にして人気が出てしまうと、その馬絡みの馬券はオッズが下がって配当妙味が下がってしまう。それだけに表に出ない情報が配当の鍵を握っているのは間違いない。

 では、競馬にはどんな情報があるのか。一般的に競馬には調教師、厩務員、調教助手、騎手といった競馬関係者が馬に絡んでおり、彼らは馬のことをよく知っている。しかし、馬の状態だけが結果につながるのではなく、そこに「思惑」も絡んでくる。その思惑を仕掛けるのが「馬主」だ。

 馬の所有者は馬主だから、最終決定権を持つのが馬主であることは明白であり、馬主は厩舎や騎手も交えたチームの代表者なのである。しかし、スポーツ紙を見ていてもその馬に対して「馬主の思惑」が記事になることはほとんどない。その理由はシンプルで、競馬記者は馬主に取材するルートがなく、馬主の「思惑」を聞き出すことができないのだ。さらに言えば、ほとんどの馬主は仮に取材を受けたとしてもその「思惑」を明かすことはまずない。それは、自らの馬券のオッズを下げて利益が減ることを意味しているからだ。

馬主が数千万円の大口勝負…破壊力抜群の驚愕情報!百円が数十万円に化ける?のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!