NEW

武豊騎手がチャンピオンズC(G1)で「世界的レジェンド」L.デットーリ騎手以来の大記録に挑戦!史上2度目の「二刀流達成」なるか!?

【この記事のキーワード】, ,

「チャンピオンズCの前身はジャパンCダートというレースで、かつてはジャパンCと共に日本を代表する国際レースの位置づけで2000年に創設されました。当時は東京競馬場のダート2100mで行なわれ、ジャパンCの前日、つまりはJRAで唯一の『土曜日開催のG1』でした。2日連続のG1開催は日本競馬の国際化に向けた大きな目玉の一つだったということです」(競馬記者)

 今年こそ外国馬の出走はないが、「ジャパンCダート」として創設された当時は芝のジャパンCと並ぶ、日本を代表する国際レースだった”チャンピンオンズC”。ジャパンCの前日という特殊な日程での開催だっただけに、当時は「2日連続のJRA・G1制覇」という離れ業を達成できる唯一のチャンスだった。

 無論、どちらも現役屈指の強豪が国内外から集結するため、決して簡単なことではないが、日本競馬史上で唯一この偉業を達成した騎手がいる。イタリアの伝説的騎手L.デットーリ騎手だ。

 舞台は2002年。東京競馬場が改修工事のため、中山競馬場での代替え開催だったジャパンCだ。

 初日のジャパンCダートは今と同じ1800mで行なわれ、デットーリ騎手は日本の小島太厩舎からの依頼だったイーグルカフェで優勝。さらにイタリアのファルブラヴで参加した翌日のジャパンCでも、米国のサラファンとの強烈な叩き合いを制して”ダブル制覇”の偉業を成し遂げている。

「日本の競馬史の中で、JRAのG1を2日連続で勝った騎手はデットーリ騎手だけです。それも短期免許ではなく、ジャパンCウィーク限定のスポット参戦でやってのけるのですから、まさに『伝説的な騎手』と述べざるを得ないでしょう。残念なことに現在はチャンピオンズCがジャパンCの翌週に移動したため、2日連続のJRA・G1制覇は物理的に不可能となったので、文字通り”不滅の大記録”となりました。

 しかし、ジャパンCとジャパンCダート(チャンピオンズC)の”ダブル制覇”もまたデットーリ騎手しか達成していない偉業。ジャパンCをキタサンブラックで勝ち、アウォーディーでチャンピオンズCに挑む今年の武豊騎手には、史上2人目として名を連ねる十分な可能性があると思います」(同)

武豊騎手がチャンピオンズC(G1)で「世界的レジェンド」L.デットーリ騎手以来の大記録に挑戦!史上2度目の「二刀流達成」なるか!?のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

5:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA【宝塚記念(G1)予想】タイトルホルダー×エフフォーリアは両方消し! G1馬なのに人気がない「アノ馬」を狙い撃ちで高配当いただき!
  2. JRA武豊が「最低人気」で見せた意地 女性騎手に名伯楽が辛口ジャッジ!? アノ名騎手に批判殺到? 松山弘平「斜行」であわや……【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  3. JRAクラシックを嘱望されたグランアレグリア全弟の悲しすぎる結末……宝塚記念(G1)ウィークの新馬戦、「阪神」ではなく「東京」で思い出す生涯一度きりの晴れ舞台
  4. JRA宝塚記念【10万馬券】予想! パンサラッサ「爆逃げ」にタイトルホルダーら阿鼻叫喚!? 「激流」だからこそ冴えわたる横山典弘の技
  5. 宝塚記念(G1)元JRA細江純子さん「凄く良く見せたのは、共同通信杯」エフフォーリアにまさかのジャッジ!? 「1番目か2番目」武豊アリーヴォ絶賛も、疑惑深まる年度代表馬の早熟説
  6. 【帝王賞(G1)展望】テーオーケインズVSオメガパフュームVSチュウワウィザード!注目「上半期のダート頂上決戦」は実力伯仲の三つ巴!
  7. JRA 宝塚記念(G1)「2番手で…」あの陣営から不気味なコメント…タイトルホルダーを悩ませる“くせ者”の存在
  8. JRA宝塚記念(G1)横山武史「これでは伸びない」 エフフォーリアの力負け疑惑深まる…悩める王者がいよいよ崖っぷち
  9. JRA宝塚記念(G1)エフフォーリア「完全復活は厳しい」と予告…デアリングタクト「生みの親」が語ったエピファネイア産駒2頭の決定的な違い
  10. JRA宝塚記念(G1)川田将雅「騎乗馬なし」の誤算!? リーディング独走の上半期立役者も見学なら「あの記録」もストップか