NEW

新旧ステイヤー入り乱れる混戦模様! ステイヤーズS(G2)注目馬を紹介

【この記事のキーワード】, ,
keibamiho.jpg

 3日に中山競馬場でステイヤーズS(G2)が行われる。JRAの平地競走で行われるレースとしては最長となる3600mで争われるこのレースは、内回りコースを2周するのでスタミナが要求されるのは当然のことながらコーナーを8回通過するため器用さも求められる。中山競馬場で行われるレースの多くは前でレースを進められる馬が有利と言われているが、過去のレース結果を見ても逃げきり勝ちをした馬はいない。

 年に1度しか行われない、この長丁場の注目馬を紹介していきたい。

 前走のアルゼンチン共和国杯(G2)では休み明けながら2着だったアルバート(牡5 美浦・堀厩舎)が有力馬の筆頭となるだろう。昨年このレースに出走した際は2着馬に5馬身差をつけての完勝であった。

 距離は長いほうが得意なようで2400m以上のレースにはこれまでに7回出走しているが掲示板を外したのは2015年の有馬記念(G1)11着と今年の天皇賞・春(G1)6着の2回だけである。更なる飛躍のため、何としても連覇したいところである。

 モンドインテロ(牡4歳 美浦・手塚厩舎)は巻き返しを狙う。アルゼンチン共和国杯(G2)では1番人気に支持されながら4着と敗れてしまった。出走するレース全てで上位人気となっているのだが重賞は未だに未勝利で、今度こそその期待に応えたいところ。

 前方でレースができるこの馬にとって、中山競馬場の芝コースは未経験ではあるが手堅く走ってきそうだ。ここでしっかりと結果を出して実力を証明し、さらに大きな舞台での活躍を目指す。

新旧ステイヤー入り乱れる混戦模様! ステイヤーズS(G2)注目馬を紹介のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking
  • 競馬,ボートレース・競輪
  • 総合
1元JRA藤田伸二氏「さすがにないわ」ジャパンC(G1)後輩騎手の“奇策”に苦言、コントレイル消して狙った本命は健闘も……。
2「57億円の損失」コントレイルは本当に“期待ハズレ”だったのか。「英雄」ディープインパクトらとの比較と、ジャパンC(G1)売上から見る無敗三冠馬の「現在地」
3コントレイル「言いがかり」ついた大団円!? 福永祐一も涙したラストランに“アンチ”が生まれた違和感の正体
4「私の技術不足」謙虚過ぎる敗因分析に賛辞の声止まらず、コントレイル優勝ジャパンC(G1)の裏で若手有望株のコメントをファンが圧倒的支持
5ジャパンC(G1)“偽コントレイル”「異常オッズ」で阿鼻叫喚!? 三連単「8→15→10番人気」の組み合わせが、なんと1番人気に…?
6チャンピオンズC「今年1番簡単なレース」の真意とは? ソダシ出走にゴーサイン、ノーザンファームの深い思惑…
7ジャパンC(G1)フランスから来た「美人すぎる厩務員」が話題沸騰!? 外国馬グランドグローリー5着善戦で「動く」ジャパンマネー?
8名門・国枝栄厩舎から「スノーフォール」級が登場!? C.ルメール予言的中も「ビックリ!」高速馬場だけが要因じゃない“衝撃レコード”の真相
9横山典弘「27年」続いた記録が消滅の大ピンチ!? 頼れる「助っ人」が親子対決で父の威厳を援護射撃
10武豊「いつかは重賞を獲れる」も期待馬をまさかのポイ捨て!?フラれた相手は新恋人C.ルメールと逆襲に戦々恐々