NEW

「もしかしたらヤバイかも……」不穏情報駆け巡るサブちゃんを「救った」愛馬キタサンブラック

【この記事のキーワード】, ,
takeyutakasabuchan.jpg競馬つらつら」より

「勝負は時の運ですが、思わずホッとしましたよ」。そうこぼすのは音楽関係者だ。

 競馬の国際G1・ジャパンカップが27日、東京競馬場で行われ、演歌歌手の北島三郎がオーナーのキタサンブラックが勝利した。

 これで昨年の菊花賞、今年の天皇賞・春に続くG1・3勝目。後続に影も踏ませぬ逃走劇だった。

 大感激のサブちゃんはレース後の表彰式で「泣きました。涙がボロボロ出ました。俺、歌わないわけにはいかないでしょ!」と宣言し、代表曲「まつり」を熱唱。スタンドからは割れんばかりの声援が飛んだ。

 北島は8月下旬に自宅の風呂場で転倒。持病の頸椎の痛みを悪化させ、一時は歩行困難になり車いす生活となった。その後、9月に頸椎症性脊髄症の手術を受け、現在は懸命のリハビリに励んでいるが……。

「”御大”も今年で80歳。手術後には風邪をこじらせるなど、体調はすぐれず『もしかしたらヤバイかも……』というウワサも駆け巡っていたんです」(同)。

 大みそかのNHK『紅白歌合戦』を卒業して3年。このところの北島の生きがいは愛馬キタサンブラックの活躍だった。競馬サークル記者の証言。

「もしかしたらヤバイかも……」不穏情報駆け巡るサブちゃんを「救った」愛馬キタサンブラックのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

17:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA武豊「それが全て」異例の発走遅れでウォーターナビレラ轟沈……幸四郎の“神判断”も台無しに。あまりに大きい桜花賞「ハナ差」の代償
  2. 武豊「痛かった」致命的な不利に審議も制裁もなし……。元JRA藤田伸二氏「制裁がなかったらおかしい 」、C.ルメール「騎乗停止」疑惑に冷や汗……【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  3. JRA川田将雅「一人負け」に高配当ゲットの秘訣!? 相乗効果で浮上する日本ダービー(G1)想定「10番人気」の激穴馬
  4. JRA全面協力アニメ『群青のファンファーレ』が大コケ!? 『ウマ娘』の対抗馬として4月からスタートも、「話題」を殆ど耳にしないワケ
  5. JRA福永祐一が語ったM.デムーロ「致命的トラウマ」。オークス(G1)1番人気サークルオブライフ12着大敗に「これがあるから軸にできない」
  6. JRA【日本ダービー(G1)展望】イクイノックスVSダノンベルーガVSドウデュースVSジオグリフ! 3歳牡馬「四天王」が競馬の祭典で激突!
  7. JRA川田将雅「オウンゴール」が呼んだ皮肉な結末、母馬への想いも明暗…復活のC.ルメール「来週イクイノックスで頑張ります」
  8. JRA【オークス(G1)予想】川田将雅×アートハウスは断然の消し! ◎は本命視されているアノ馬ではなく、買うだけの理由がある穴馬!
  9. JRA【目黒記念(G2)展望】「落馬カラ馬」シルヴァーソニック×川田将雅VS「調教放馬」アリストテレス×武豊! アクシデント乗り越えた2頭が初顔合わせ!
  10. JRA「1番人気はいらないから1着だけ欲しい」あまりにも有名なダービーの名言、武豊やサイレンススズカも歯が立たなかった二冠馬の圧逃劇