NEW

シュヴァルグラン「鮮やかすぎる3着」に「福永祐一天才」の声!? 冴えわたる技術で絶好調

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
fukunagayuuichi0229.jpg「TEAM GRIP」公式サイトより

 あまりにも、鮮やかなレースだった。

 27日のジャパンC(G1)。マイペースの逃げに持ち込んで圧勝したキタサンブラック、末脚を爆発させて2着に食い込んだサウンズオブアース。どちらも全力を尽くした見事なレースぶりだった。

 そして、3着のシュヴァルグラン(牡4 栗東・友道厩舎)である。大外枠ということで前走アルゼンチン共和国杯を強いレースで制しながら6番人気だったものの、「最後の最後」、大外から脚を伸ばして3着を確保。人気の一角だったゴールドアクターやリアルスティールに先着してみせた。

 繰り返すが、「最後の最後」である。

 この言葉が表す意味は2つある。溜めるに溜め込んだ末脚を繰り出し、スタミナの切れた先行馬を最後に差し切ったという意味。もう一つは、「レースが決着した後に」という意味だ。

 シュヴァルグランの位置したのは中団のど真ん中。レースのペースを考えれば前有利な状況だったが、鞍上の福永祐一騎手は中団で我慢を続ける。引っかかりもあってスタートから前目を選択したリアルスティールとは対照的である。3コーナーからはさらに後ろの位置取りとなっていた。

 案の定、レースはしてやったりのキタサンブラックの逃げ切り勝利。過去最高の仕上げと言われたサウンズオブアースも脚を伸ばしたが届かず。キタサンブラックを見る形で進めたゴールドアクターとリアルスティールはある意味「勝負」にいったわけだが、最後に力尽きてしまった。

シュヴァルグラン「鮮やかすぎる3着」に「福永祐一天才」の声!? 冴えわたる技術で絶好調のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!