NEW

20人に1人は「ギャンブル依存症」の時代!? 規制されないパチンコ業界に思う、「依存症回避」の険しい道

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
pachinkohitobito.jpg

 ギャンブル依存症に苦しむ人々の姿を追ったドキュメンタリー記事「『やめられない』という精神疾患 ギャンブル依存者の苦しみ」が、YAHOO! JAPANニュースよりリリースされた。

 実際にギャンブル依存症に苦しむ男性のインタビューや現在の生活を通して、ギャンブル依存症との向き合い方に迫ったインタビュー。記事には動画も添付されている。

 ギャンブル依存症の本質は本人の意志の強弱ではなく、脳機能のバランスが崩壊した「精神疾患」であると同記事では紹介されている。社会の認識とは大きく異なる実態がギャンブル依存症にはあるようだ。

 ギャンブル依存症は現在、推定約536万人いるという。日本人口が約1億2000万人であるため、23人に1人程度にギャンブル依存症の可能性があるそうだ。これをどう捉えるかは人それぞれだが、一般で考えればそれほどの人数がいるのか、となるだろう。セミナーや専門の寮生活などで依存症の克服を目指す人々も多くいるようだが、536万人となればそうそう依存症撲滅とはいかないだろう。

 また、依存症になる人々の多くが、これは想像通りだが「パチンコ・パチスロ」を理由に挙げている。もちろん競馬や競艇、競輪など公営競技で依存症になる人も多いのだろうが、パチンコ業界と公営競技の違いはその「気軽さ」である。街中を歩けばそこかしこにパチンコ店があり、行こうと思えば毎日パチンコ店に行けてしまう。「遊ぶハードル」が極めて低いのがパチンコの特徴である。

20人に1人は「ギャンブル依存症」の時代!? 規制されないパチンコ業界に思う、「依存症回避」の険しい道のページです。GJは、パチンコ・パチスロ、ギャンブル依存症パチンコ競馬の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!