NEW

20人に1人は「ギャンブル依存症」の時代!? 規制されないパチンコ業界に思う、「依存症回避」の険しい道

【この記事のキーワード】, ,

 パチンコは「三店方式」などその特殊な方式から「グレーゾーン」と言われることもあり、実際に一般でも「賭博ではないのか」という声が数多い。スポーツ選手などの違法賭博が叫ばれたことで、よりそのバッシングは強くなっている印象だ。

 しかし、政府は「ぱちんこ屋については、客の射幸心をそそるおそれがあることから、風営法に基づき必要な規制が行われているところであり、当該規制の範囲内で行われる営業については、刑法(明治四十年法律第四十五号)第百八十五条に規定する罪に該当しないと考えている」と回答。

「刑法第二編第二十三章」とは「賭博罪」を指す言葉である。パチンコ業界そのものが国のルールにのっとって規制を行う限り「賭博」という扱いは受けないこととなっている。法律上、理屈上はパチンコの存在、パチンコ業態は「肯定される」ということだ。

 ただ、多くの依存症を生み出している現実には変わりはなく、それが社会問題レベルならなおさらこのままではいけない部分もあるだろう。せめて気軽に行けてしまう現状を変革させることはできないものか。

 ギャンブルはある種の面白さを持ち、日常では味わえない「ヒリヒリ感」のようなものもある。それは本サイトとしても否定はしない。ただ、その「非日常」から逃れられないほどに嵌ったまま戻れなくなる人が、現状では後を絶たないだろう。

 結局のところ、現行の仕組みでは当人が依存しないよう高い意識を持つ他ないという結論しか出ない。パチンコに時間を使うことを「無駄」と理解できずのめりこむのは、他に楽しみを作れない場合も多いと聞く。自分の楽しみや心のよりどころを見つける努力が、大前提として必要なのかもしれない。
(文=ギャンブルジャーナル編集部)

20人に1人は「ギャンブル依存症」の時代!? 規制されないパチンコ業界に思う、「依存症回避」の険しい道のページです。GJは、パチンコ・パチスロ、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking
  • パチンコ・パチスロ
  • 総合