NEW

今年の締めは「武豊フィーバー」で決まり!? 全盛期を超える新たな姿で「G1競走5連勝」「JRA新記録」も現実味?

【この記事のキーワード】, ,
0914takeyutaka_top.jpg

 一時は全盛期を過ぎたかと思われていた武豊騎手だが、今年は復調どころか八面六臂の活躍を見せている。

 中央は春の天皇賞に、27日に開催されたジャパンC(G1)をともにキタサンブラックで勝利。年に2度中央G1を勝利するだけでもすごいのだが、それに加えて今年は地方競馬でも「無双中」だ。

 春のかしわ記念、夏の帝王賞、秋のJBCクラシックと地方の主要G1をコパノリッキーとアウォーディーで総なめ。地方参戦で見ても13回しか騎乗していないにもかかわらず9勝2着2回3着1回で賞金リーディング6位の離れ業である。今年地方はもはや「庭」状態だ。

 さらに「海外G1」のオマケつき。春にエイシンヒカリで仏イスパーン賞を制しており、エイシンヒカリは一時世界ランキング1位の評価を受けた。

 今年の武騎手は地方海外合わせてG1競走6勝。海外遠征の多さなどで中央開催の騎乗が減ったこともあり現時点で68勝だが、誰も武騎手が「不調」とは思わないだろう。それほどの存在感を放っている。

「2010年の落馬負傷の近辺までは、末脚を発揮しようと後ろで脚を溜めてレースをする印象が強かったんですが、最近は馬の種類もあるのでしょうが、先行、逃げでレースを進める姿を多く見受けます。もともとそのスタートや折り合いが抜群に上手い騎手ですので、今のレースぶりが合っているようにも思えます。全盛期よりもむしろ自然体の騎乗に見えますね。ベテランの味を感じさせるあたりさすがですよ」(競馬記者)

今年の締めは「武豊フィーバー」で決まり!? 全盛期を超える新たな姿で「G1競走5連勝」「JRA新記録」も現実味?のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA「大失策」で伝統のG2が降格危機……かつてシーキングザパール、エルコンドルパサーら優勝も、近年は“ライバルG3”に完敗で崖っぷち
  2. JRA 武豊が大絶賛の「8冠ベビー」が遂にデビューも……大ショックのアクシデント発生!? 忍び寄る「復帰間近」福永祐一の影
  3. JRA 種付料No.1エピファネイアに「新たな疑惑」が浮上!? エフフォーリア・デアリングタクト輩出も今年が「試金石の一年」となるワケ
  4. JRA 3年間「未勝利馬」が武豊で7馬身差圧勝!「ルールですので仕方ありませんが…」重賞勝ち馬がOPで除外問題!? 今年の重賞戦線、とんでもない「裏切り」記録が継続中【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  5. JRA 「G1を勝てる」福永祐一、浜中俊も太鼓判!シルクロードS(G3)不振の三冠トレーナーが復活を託したのは菜七子世代の出世頭
  6. JRA C.ルメールを超える「1月に弱い男」!? 今年48戦「連対ゼロ」も、根岸S(G3)で5年前のリベンジチャンス到来!
  7. JRA「単勝1倍台の馬の複勝よりも自信があります」霜降り明星・粗品のお気に入りホースが仕切り直しの一戦!「買い材料」満載でレアキャラまでも再登場か
  8. JRA母は「G1級」の華々しいデビューから無念の早期引退、「怪物候補」ウィズグレイスに待ったをかける知る人ぞ知る超大物の血
  9. JRA根岸S(G3)「メンバー唯一」条件クリアは実力に折り紙付きのG1馬! 前走敗因は前が壁でハッキリ、激走サインは見逃し厳禁
  10. 武豊、異例の「超マジギレ」に恐怖……温厚なスターを激怒させた「おしくらまんじゅう事件」