NEW

「ステイヤーズステークスは距離適性がモノをいう。注目の推奨馬はコレ」競馬評論家・鈴木和幸の重賞注目馬を公開!

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
suzukikazuyuki.jpg

競馬歴45年の矜恃をかけて

 競馬評論家の鈴木和幸です。2016年のJRAもあと4週間。最後の力を振り絞って全力予想をお届けしていきます。今週は土曜に行われる注目重賞の第50回ステイヤーズテークス(G2)の推奨馬をお届けします。

重賞の推奨馬を公開

12月3日(土曜)
中山競馬場
第11レース
第50回ステイヤーズテークス(G2)

 昨年に続いてアルバートの連覇濃厚だ。1200m同様に、3600mの特殊距離ではその距離適性が大きくモノをいう。だから、適性のある同一馬が連続して活躍するのが、このレースの特長である。たとえば、4年前の第46回に初挑戦したデスペラードという馬は、その年こそ3着だったが、翌47回、48回を連覇といった具合である。

 アルバートの昨年は5馬身のぶっちぎり、この一事を持ってその適性ぶりがわかる。3200mを走った後の残り2Fを、11秒台の速さでまとめられたのは道中、かかることなく折り合って走れたから。これこそが3600mへの距離適性以外の何ものでもない。

 昨年は、条件戦ながら3連勝、その勢いでステイヤーズステークスをも制してしまった感もある。そこへいくと今年は、前走が半年ぶり、骨膜炎病み上がりのアルゼンチン共和国杯。少なからず心配があったわけだが、先週のジャパンカップで3着したシュヴァルグランには屈したものの、半馬身差2着確保だから立派なもん。3連勝の勢いがあった昨年とは別の意味の、いい体調で出走できる。この点については、前走で手綱をとった戸崎がレース後、「叩いた次(つまり今回)はもっとよくなります」、と太鼓判だった。

「ステイヤーズステークスは距離適性がモノをいう。注目の推奨馬はコレ」競馬評論家・鈴木和幸の重賞注目馬を公開!のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!