NEW

岡田総帥と英国ダービーを目指すコスモスがデビュー2連勝!次は「芝で変身する」地方の怪物が有馬記念当日に「真」のベールを脱ぐ!?

【この記事のキーワード】, ,
chihoukeiba.jpg

 マイネル軍団を統べる岡田繁幸氏が来年の英国ダービー(エプソム競馬場、芝2400m)に送り込むと話題のコスモス(牡2歳、川崎・河津裕昭厩舎)が2日、デビュー2戦目を完勝。また一歩「大いなる野望」へと歩を進めた。

 先月4日のデビュー戦(川崎)を9馬身差で圧勝したコスモス。この日はJRAの2歳認定競走となるひばり特別(大井)に出走。単勝1.5倍だったデビュー戦を超える1.2倍の支持を集めた”怪物”は、スタート直後から先手を奪うと危なげなく逃げ切った。

 騎乗した山崎誠騎手は「普通の馬だったら、キャリアが豊富な馬を相手に勝てるものではない。今まで乗ったことのないような雰囲気。バネがあります」と相棒を絶賛。

 管理する河津裕昭調教師も「折り合いもつくし、スピードもある。落とせない中で、予定通りにきていますからね。まだまだ成長途上」と大きな手応えを感じているようだった。

 だが、一人だけ不満を示したのが、誰よりもこの馬に期待する岡田総帥だ。

 総帥は「正直、勝ち方には不満」と愛馬の快勝劇を一刀両断。確かにデビュー戦は9馬身差だったが、この日は2馬身差。手応えには余裕があったが「あれだけの手応えがあって突き放せなかった」と、レース内容に不満があったようだ。

 それどころか「ダートはやっぱり苦手」と豪語。「もっと強いはず。手先が軽くてバネがあるから、芝ではきっと”変身”します」と、コスモスは芝レースでこそ本領を発揮すると持論を展開した。

 ところが、この話に「それはさすがに……」と閉口したのが記者たちだ。

岡田総帥と英国ダービーを目指すコスモスがデビュー2連勝!次は「芝で変身する」地方の怪物が有馬記念当日に「真」のベールを脱ぐ!?のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

23:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA C.スミヨン「入線後」の斜行でも12日間の騎乗停止! 過去には武豊とも一悶着…イギリスでやらかした「お粗末騎乗」にファンも納得?
  2. JRA武豊「最年少G1制覇」超えも視野、大胆騎乗に関係者からも絶賛の嵐…「ゴールデンルーキー」今村聖奈はなぜこれほどの感動を呼んだのか
  3. JRA単勝1.9倍「幻の桜花賞馬」が痛恨の敗戦……川田将雅×中内田充正厩舎「黄金コンビ」に続く秋華賞(G1)制覇の試練
  4. JRA武豊「絶縁」噂のトレーナーと4年9ヶ月ぶりの白星! 懇意の『ウマ娘』藤田晋オーナー所有馬も所属、関係修復で依頼数「増加」なるか
  5. JRA「大差レコード負け」からジョッキーも信じられない奇跡!? 約2年20戦の時を経て「2着馬」が10馬身差の圧勝でレコード再更新
  6. JRA今村聖奈「先約破棄」でテイエムスパーダ騎乗の謎……CBC賞(G3)重賞初騎乗Vチャンス到来も、自厩舎馬からまさかの乗りかえ
  7. JRA【プロキオンS(G3)展望】G1で2着の「2億円馬」が三度目の正直!? ダートで覚醒へ、オルフェーヴル産駒ラーゴムにも注目!
  8. JRA 武豊で3年間「未勝利馬」が一変、藤田菜七子「G1制覇」のチャンスも…今春G1“主役”の結果は【2022年上半期『GJ的』7大ニュース】前半戦
  9. JRA武豊ドウデュースら「本当の敵」は凱旋門賞離れ!? タイトルホルダー馬主が掲げた「狂騒曲」の終止符が賛同される理由
  10. JRA今村聖奈「裸同然」48キロのレコードV! 女性騎手として重賞初体験で勝利も…CBC賞(G3)「コンクリート化」馬場には“ヤリ過ぎ”の声