NEW

香港国際競走に日本からモーリスなど「G1級」馬13頭が出走!ハイランドリールら世界との力関係は

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
post_17026_eishin.jpg

 11日に香港の沙田(シャティン)競馬場で開催される香港国際競走。メインレースの香港C(G1)を始め、同日開催される香港スプリント(G1)、香港マイル(G1)、香港ヴァーズ(G1)の4つのG1に、今年は大挙13頭の日本馬が挑戦する。

 そこで今回は、日本馬を中心に香港国際競走登録馬の勢力図を確認しておきたい。

香港ヴァーズ(G1、芝2400m)11日 15:00発走予定

日本馬
サトノクラウン
ヌーヴォレコルト
スマートレイアー

 香港ヴァーズの中心は連覇の懸かるハイランドリールで間違いないだろう。昨年の当レースを制してからというもの、キングジョージ6世&QES(G1)、ブリーダーズCターフという2つのビッグタイトルを獲得。他にも凱旋門賞(G1)2着など、今や英国のポストポンドに替わって、この路線の「世界NO.1」と述べても過言ではない強豪だ。

 対する日本馬は他のレースと比較しても非常に厳しい状況となっていたが、ここに来て2014年のオークス馬ヌーヴォレコルトが復調してきたのは大きい。

 秋の米国遠征はブリーダーズCフィリー&メアターフ(G1)こそ枠順に泣いたが、前走のレッドカーペットH(G3)では昨年の中山記念(G2)以来、約1年半ぶりの勝利を挙げた。昨年は香港Cの参戦だったが、エイシンヒカリに次ぐ2着に食い込んでおり、日本馬の中でも実績は抜けている。相手は強いが意地を見せてほしいところだ。

香港国際競走に日本からモーリスなど「G1級」馬13頭が出走!ハイランドリールら世界との力関係はのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!