NEW

佐々木希はやはり「女神」だった......今さら気づいたチャンピオンズC結果の「サイン」に悶絶

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
sasakinozomi.jpg
JRA公式サイトより

 4日のチャンピオンズC(G1)は、6番人気の8番サウンドトゥルーが優勝。2着に2番アウォーディー、3着4番アスカノロマンという結果で終わった。

 断然人気のアウォーディーが敗れ、サウンドトゥルーが別次元の末脚で完勝する波乱のレースとなったが、今さらながらこのレース、重大な「サイン」があることが発覚した。

 この日、レースと同等かあるいはそれ以上に注目を集めていたのが、レース表彰式の「プレゼンター」だった。この日のプレゼンターは、モデルで女優の佐々木希である。

 芸能界でも屈指の「美形」として絶大なる支持を得る佐々木とあって、決定当初から「ついにご尊顔を拝める」「久々に競馬場に行く」と多くの男性ファンが色めき立っていた。

 この佐々木が「サイン」ということに、冷静になれば気づけたのかもしれない。どうしても美貌だけに目がいってしまった。美人は罪である。

 佐々木の誕生日は2月8日。しかも今年で「28歳」である。2番アウォーディー、8番サウンドトゥルーの馬連1点、馬単裏表で簡単に的中できたレースだった......。

 さらに、3着アスカノロマンも、再び薬物で逮捕された歌手の「ASKA」でサインが......。三連複すらも取れたはずだったのではないだろうか。

 今さらこんなことを語ってももう遅い。しかし、目の前に「結果」が出されている状況で惨敗したコパノリッキーを軸にしてしまった私は、やはり馬券センスなしなのか......。
(文=後ろ向き馬券師)

佐々木希はやはり「女神」だった......今さら気づいたチャンピオンズC結果の「サイン」に悶絶のページです。GJは、競馬、ASKAチャンピオンズC佐々木希の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!