NEW

3000円で大当たり!?ちょいパチ本格導入!! 新カテゴリーちょいパチは業界の救世主になれるか?

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
pachinkoten.jpg

 大当たり確率1/40以内・ヘソ賞球数5個以上の定義で作られた『ちょいパチ』。

 玉持ちがよく、少ない軍資金で誰もが手軽に遊ぶことができる”新しいカテゴリー”として、今年の6月から一部ホールでテスト導入を行っていたが、今後はさらに多くのホールへの導入が予定されているようだ。

「射幸性の抑制」を目的とした規制の影響もあり、ピークと言われる1995年を境に右肩下がりの傾向が続いているパチンコ業界。平成の始めには遊戯人口「約3,000万人」と報じられたが、遊戯人口は「約1,000万人」にまで減少したといわれている。

『ちょいパチ』は、そんな現状の打破を目的として開発された。

 1玉1円で遊戯できる『1パチ』・大当たり確率1/100前後の『遊パチ』がヒットしているように、現在は「お金を使わずに遊びたい」といった考えが主流といえる。

 大当たり確率が1/40程度となるため「3,000円程度で初当たり」へ辿り着くことが可能な『ちょいパチ』は、そのような需要に応えるために生まれた存在。既存のファンに受け入れられることは当然ともいえるだろう。

3000円で大当たり!?ちょいパチ本格導入!! 新カテゴリーちょいパチは業界の救世主になれるか?のページです。GJは、パチンコ・パチスロ、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!