NEW

騎乗停止中の浜中騎手が最も後悔しているのはレーヌミノルに乗れないこと!? 阪神ジュベナイルFでマイル不安も「関係なし」といえる理由とは

【この記事のキーワード】

, ,


 だが、前走の京王杯2歳Sを冷静に振り返ってみると、すでに重賞を勝っているレーヌミノル陣営からすれば、次のG1を見据えての仕上げになることは当然だ。そんな余裕のある状態で、敗れはしたが3着以下を3馬身以上突き放しているのは、同世代で能力が抜けている何よりの証だろう。

 負け方も残り400mで抜け出してから気を抜いたところを勝ち馬に強襲されており、決して力負けではない。レース後に浜中騎手が「ゴールした後もすぐに息が入った」と述べていたように、余裕があったことは確かだ。

 それよりもこのレースの収穫は、2番手から抜け出したラスト600mから200mまでに「11.3‐11.2」というラップを刻んだことで、高速上がりにも対応できると数字で示したことだろう。本番に向けて、確かな手応えを得たといえる。

 ただ、それでも実際にマイル以上を走ってない以上、未知数な面はどうしても否めないだろう。

 だが、これを逆に「美味しい」と考えている競馬ファンも少なくないはずだ。実際に先ほど小倉2歳Sを勝ち、2歳G1でも連対を果たしたアストンマーチャンとメイショウボーラーの2頭を引き合いに出したが、2頭とも結局は「スプリント路線」を歩んでいる。

 また昨年3着のブランボヌールもレーヌミノルと同じく1400mまでしか経験がなく、今年の夏には1200mのキーンランドS(G3)を勝っている。2年前の2着レッツゴードンキも、3年前の勝ち馬ローブティサージュも古馬になってからはスプリント重賞の常連だ。

 かつてはウオッカ、トールポピー、ブエナビスタ、アパパネなど2400mさえこなせる翌年のクラシックホースが勝ち馬に名を連ねる登竜門だった。だが、近年はマイラーは当然として、むしろ後のスプリンターが活躍する傾向に大きく変化している。

 例えマイル適性が高くなくとも、ずば抜けたスプリント能力があれば距離不安を十二分にカバーできる(昨年のメジャーエンブレムと同じダイワメジャー産駒なので、普通にこなす可能性もあるが)。これこそが、近年の阪神ジュベナイルFの大きな特徴だ。

騎乗停止中の浜中騎手が最も後悔しているのはレーヌミノルに乗れないこと!? 阪神ジュベナイルFでマイル不安も「関係なし」といえる理由とはのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

関連記事