NEW

【怪物フランケルの「日本制圧作戦」第1弾】阪神JFはソウルスターリングが制す!たったワンステッキで2歳女王の座を手に入れた「血の力」

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
sourusuta-ringu.jpgソウルスターリング(JBISサーチ公式サイトより)

 2010年台初頭に英国競馬を席巻した「怪物」の血が、ついにその牙を日本に向けた。

 11日に阪神競馬場で開催された第68回阪神ジュベナイルフィリーズ。素質の高いメンバーが集結し、2歳女王を決めるに相応しい大一番を制したのは、新種牡馬フランケル産駒のソウルスターリングだった。

 最終オッズは1番人気とはいえ単勝2.8倍。圧倒的な人気にならなかったのは、新種牡馬ゆえの不安もさることながら、初の多頭数&関西輸送、マイル短縮、窮屈な1枠2番など懸念される項目が多く、競馬ファンの大部分が絶対的な信頼を置いていなかったことの表れだろう。

 レースはゲートが開く前から、ソウルスターリングにとって厳しい競馬となった。先にゲート入りしていた2枠3番のエムオービーナスのテンションが高く、何度も立ち上がってしまう落ち着かない素振りを見せていたのだ。周りのテンションに引きずられて力を出せなくなることは、競馬において珍しいことではない。まして、まだ精神的に幼さの残る2歳牝馬ならなおさらだ。馬券を買っていたファンは気が気でなかっただろう。

 そんなファンの心配は杞憂に終わり、エムオービーナスがスタートと同時に立ち上がって大きく出遅れる中、ソウルスターリングは動じることなくまずまずのスタートを切った。レースは序盤、2連勝中の逃げ馬アリンナがハナを奪って主導権を握る展開。隊列はスンナリ決まり、前半3F34秒7のほぼ平均的なペースを刻んでいる。

【怪物フランケルの「日本制圧作戦」第1弾】阪神JFはソウルスターリングが制す!たったワンステッキで2歳女王の座を手に入れた「血の力」のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!