NEW

ぼくらはあの頃、アツかった(21) 全員リーゼントの不思議なホール。世界で一番奇抜なスロ屋がS県にあった。

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ashino.jpg

 飲み会の席で言っても誰も信じてくれない話がある。

 怪談や奇談の類ではなく──いや、ある意味でそれに近いが、筆者が出くわしたホールについてのお話だ。その店はS県の海沿いにあった。一度しか立ち寄っていないので名前はあまり覚えていない。ロッキーとか、ルーキーとか、そういう舌触りの名前だった気がぼんやりとするだけで、定かではない。もう10年以上前に閉店してしまっているので、今となっては確認のしようもないが、当時から寂れた印象の、薄暗い店だった。

 当時筆者は防犯カメラの営業部員をやっていた。

 防犯カメラはその運用に必要となる、録画装置や自動発報装置やセンサーなどのハードウェアと、そして警備会社との契約なんかをすべてセットで売る。もちろん工賃もかかる。いざという時に壊れていても無意味なので、最初からメンテナンスも長期の定期契約だ。なので、小さなカメラ一つ付けるのにも、なんだかんだでかなりの額のお金が必要になる。

 しかも田舎である。都会ならいざしらず、九州の片田舎でそんなお金のかかるシステムがバンバン捌ける訳もなく、月に一本か二本。ちまちまと契約を決めては社長から褒められる感じの、要するに非常に緩い仕事だった。

 緩すぎて、筆者は良く仕事をサボってはパチスロを打っていた。

 朝になると事務所に行って、スケジュール管理のホワイトボードに貼り付けられた碁石のような磁石を「退社」の所から「出勤」の所に移動して、コーヒーを飲みながらセンパイと談笑したあと、すぐにそれを「外出」の所に移動して車に乗り込み、パチスロに行く。

 あとは退社時間まで時間を潰して、戻るなり例の磁石を「退社」に動かすだけ。

 言ってみれば、パチスロと、それから碁石みたいな磁石を規定の時間に動かすのが、筆者の仕事だったのである。

ぼくらはあの頃、アツかった(21) 全員リーゼントの不思議なホール。世界で一番奇抜なスロ屋がS県にあった。のページです。GJは、パチンコ・パチスロ、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!