NEW

伊東美咲「無謀な」芸能界復帰も!? パチンコ「京楽産業」業績急降下の理由とセレブ生活の終焉?

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
pachinkoya.jpg

「ちょいパチ」など様々な施策を実践し、復活に向けた動きを活発化させているパチンコ業界。しかし、昨今の「イメージ凋落」や「カジノ解禁」の可能性など、どうしてもジリ貧な印象は否めない。

 そんな中、パチンコメーカー「京楽産業」の業績悪化が顕著だ。11月に発表された2016年6月の売上は前年の3分の1である339億円、営業損失242.08億円と、大幅に転落している。現在は利益余剰金を切り崩して凌ぐ状況とのことだ。

 ファンの間でも「去年と今年は本当に京楽の存在感がなかった」という声は多い。今年販売した機種は「パチスロテラフォーマーズ」などだが、どれもパッとせず。

 他にも演出バランスやRTC機能など、近年の作品に対する評価は芳しくなかった。「初代CRぱちんこAKB48以降、斬新な作品を作らなくなった」という声も一部ではある。全盛期には「必殺仕事人」「ウルトラセブン」「仮面ライダー」「銭形平次」「冬のソナタ」などヒット作を連発し、「京楽の時代」と言っても大げさではなかったのだが……。

「全盛期を引きずっているのか、同じ台しか出さなくなり新たなヒット作が生まれない中、ついにその影響が数字に表れてしまったという印象です。開発力が乏しいという根本的な要因に、昨今のパチンコ業界の逆風が重なったということでしょう。AKB48とのコラボなど世間的に目を引く企画も多かったので、悪目立ちしている部分もあると思います。苦しいのは多くのパチンコメーカーも同じだと思いますが、ここまでの凋落にはパチンコファンもザワついていますよ」(パチンコライター)

伊東美咲「無謀な」芸能界復帰も!? パチンコ「京楽産業」業績急降下の理由とセレブ生活の終焉?のページです。GJは、パチンコ・パチスロ、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!