NEW

2017年、オルフェーヴル復活!『G1優駿倶楽部』で実名の競走馬を育成!!

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 金色の暴君オルフェーヴル、芦毛の怪物オグリキャップを始めとした伝説の名馬が復活。2017年スロットとしてホールへ出走する。

「パチスロ史上初となる実名競走馬による育成競馬パチスロ」のキャッチフレーズ。『KPE』より2017年2月にリーリスされる予定の『G1優駿倶楽部』が、スロットファンだけではなく競馬ファンの間でも話題になっている。

1213g1da-bi-kurabu2.jpg「KPE」ホームページより

 プレイヤーはオーナーとして調教師と共に愛馬を育成していく。1G=1日となっており約64G(8週間)消化でレース出走の流れ。レースで勝利出来ればART「G1ロード」確定となるようだ。

 競走馬はオルフェーヴルやオグリキャップなど歴史に残る名馬を選択することが可能だ。レースも中央競馬の主要G1はもちろん、トライアルレースまでも細かく再現。世界最高峰のレース凱旋門賞へ挑戦することもできる。さらに関東・関西・宝塚3つのG1ファンファーレも完全収録と、最高峰の興奮が味わえそうである。

 競馬ファンも注目するだけの仕上がりといえる訳だが、競走馬を育成できるシステムを搭載した台が導入されるのは初めてではない。過去にはプレイヤーが命名した競走馬を育成できるパチンコ『G1 DREAM~最強馬決定戦~』(サンセイR&D)が存在したが……。

2017年、オルフェーヴル復活!『G1優駿倶楽部』で実名の競走馬を育成!!のページです。GJは、パチンコ・パチスロ、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!