NEW

カジノ法案成立で日本の「ギャンブル」はどう変わる!? そのメリットとデメリット

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
gyanburu.jpg

 15日未明、カジノを含む統合型リゾートを解禁する法案「IR推進法案」が可決された。1年以内をめどに「実施法の作成」が義務付けられることになる。

「本当に実現するのか?」と感じざるを得ない状況であったが、日本のカジノ誕生が現実味を帯びてきた。ただ、カジノ設立に関する意見は賛否両論。誕生に伴うメリットとデメリットがさまざまな場所で取り上げられている。

 デメリットとして真っ先に挙げられるのは「依存性患者の増加」の可能性だ。パチンコに代表される「ギャンブル依存症」が社会問題となっている現状、「カジノ解禁によって依存性患者が増加するのでは?」との声が挙がるのも当然かもしれない。

「治安悪化の可能性」も問題視されている。カジノが設立される統合型リゾート施設は、日本の新名所となるであろう。そうなれば、国内外より人が集まることは当然。それだけで治安が悪化するとは考えにくいが、犯罪などが増える可能性はあるのかもしれない。

「カジノ=ギャンブル(好ましくない)」といった印象が定着している以上、このような意見が挙がることも当然であろう。

 しかしカジノ解禁に伴う「メリット」も当然ながら存在する。

カジノ法案成立で日本の「ギャンブル」はどう変わる!? そのメリットとデメリットのページです。GJは、パチンコ・パチスロ、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!