NEW

武豊騎手と田中将大投手が本格対談!「今でも夢に見る」ディープインパクトとの凱旋門賞敗戦の借りを返すのは、やはりあの馬?

【この記事のキーワード】, ,

 田中投手が語ったのは、24勝0敗という完璧な成績を収めた2013年の日本シリーズの第6戦で、先取点をもらいながら逆転負けを喫した一戦。対して、武豊騎手は2006年にディープインパクトと共に挑んだ凱旋門賞を取り上げた。

 確かに、どちらもある意味”勝ってあたり前”の中での敗戦。当人だけでなくファンの記憶にも残っている一戦でもある。

 だが、両者の敗戦には「大きな違い」があるように思えた。

 田中投手の日本シリーズの敗戦は、確かに「その年初の敗戦投手」ということもありショッキングな内容だが、チームはその後の第7戦に勝って見事日本一に輝いている。つまり、多少なりとも傷は癒されており、本人の話の内容からもショックというよりも「教訓」のようなものに姿を変えている印象を受けた。

 ただ、武豊騎手にとってのディープインパクトの凱旋門賞敗退は、まだ本人の中で確かな「借り」として残っているように感じた。

 あれから10年が経った今でさえ「まだ夢に見る」と話す武豊騎手。4021勝16858敗(11月20日現在)という自身の通算記録を田中投手の通算成績と比較して「敗戦が多い」と笑いを誘っていた天才騎手。だが、それでもディープインパクトとの凱旋門賞敗退は特別なもののようだ。

 我々競馬ファンから見ても当然だが、武豊騎手にとってもディープインパクトは「これ以上強い馬がいるのか」と発言したほど特別な存在だった。だからこそ凱旋門賞で敗れたショックは本当に大きかったのだろう。

 しかし、武豊騎手が「もし、次にそういった馬に巡り合えたら、あの時の経験が活きる」と力強く話すバックには、スクリーンの中を駆けるキタサンブラックの姿が。

 無論、狙った演出ではないだろう。だが、名指しこそしなかったが「そういう馬で凱旋門賞にトライしたい気持ちは凄くある」と熱く語った武豊騎手の脳裏には、やはりキタサンブラックの姿があったのではないだろうか。

 以前から「来年は最高のパートナー、最高のスタッフとともに、日の丸を背負った日本代表のジョッキーとして勝負の場に立ち、鳥肌が立つようなレースをしたい」と来年の凱旋門賞挑戦を熱望する姿勢を見せている武豊騎手。

武豊騎手と田中将大投手が本格対談!「今でも夢に見る」ディープインパクトとの凱旋門賞敗戦の借りを返すのは、やはりあの馬?のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

17:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA武豊「それが全て」異例の発走遅れでウォーターナビレラ轟沈……幸四郎の“神判断”も台無しに。あまりに大きい桜花賞「ハナ差」の代償
  2. 武豊「痛かった」致命的な不利に審議も制裁もなし……。元JRA藤田伸二氏「制裁がなかったらおかしい 」、C.ルメール「騎乗停止」疑惑に冷や汗……【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  3. JRA川田将雅「一人負け」に高配当ゲットの秘訣!? 相乗効果で浮上する日本ダービー(G1)想定「10番人気」の激穴馬
  4. JRA全面協力アニメ『群青のファンファーレ』が大コケ!? 『ウマ娘』の対抗馬として4月からスタートも、「話題」を殆ど耳にしないワケ
  5. JRA福永祐一が語ったM.デムーロ「致命的トラウマ」。オークス(G1)1番人気サークルオブライフ12着大敗に「これがあるから軸にできない」
  6. JRA【日本ダービー(G1)展望】イクイノックスVSダノンベルーガVSドウデュースVSジオグリフ! 3歳牡馬「四天王」が競馬の祭典で激突!
  7. JRA川田将雅「オウンゴール」が呼んだ皮肉な結末、母馬への想いも明暗…復活のC.ルメール「来週イクイノックスで頑張ります」
  8. JRA【オークス(G1)予想】川田将雅×アートハウスは断然の消し! ◎は本命視されているアノ馬ではなく、買うだけの理由がある穴馬!
  9. JRA【目黒記念(G2)展望】「落馬カラ馬」シルヴァーソニック×川田将雅VS「調教放馬」アリストテレス×武豊! アクシデント乗り越えた2頭が初顔合わせ!
  10. JRA「1番人気はいらないから1着だけ欲しい」あまりにも有名なダービーの名言、武豊やサイレンススズカも歯が立たなかった二冠馬の圧逃劇