NEW

2歳女王ソウルスターリングと1馬身差!?地方の怪物トラストを見限るのは「まだ早い」といえる数多くの理由

【この記事のキーワード】

, ,

torasuto.jpgトラスト(JBISサーチ公式サイトより)

 競馬に限らず「期待」というものは大きく膨らんだ分だけ、裏切られた時に反動が大きいのが世の常だ。

 マイネル軍団の総帥・岡田繁幸氏に最高傑作として見出され、JRAデビュー前から英国ダービーに登録されるなど、とにかく話題が先行したトラストは競馬ファンから大いに期待された一頭だった。

 だが、今この馬を「怪物」という人は誰もいない。

 鳴り物入りで中央に乗り込んだ初戦のクローバー賞(OP)でいきなり敗れたのだから、その際は「やはり地方でどれだけ強くとも、中央では通用しない」と”笑いもの”にされた感もあった。大きな期待を集めていた分、その反動もまた大きいということだ。

 クローバー賞で単勝2.2倍の1番人気だったトラストは2着だったにもかかわらず、次走の札幌2歳S(G3)では5番人気と人気が急落。外厩として、さらには初の芝コースから2戦目と上積みの要素があったにもかかわらず、早くも見限られ始めていた。

 ところがその札幌2歳Sを鮮やかに逃げ切る。後から振り返ればメンバーが弱かったという見方もできるが、それでも0.4秒差の完勝は立派だ。

 その後、JRAの中村均(栗東)に移籍。休養を挟んで東京スポーツ杯2歳S(G3)に出走。今度は好メンバーの中で3番人気に推されたが、あえなく5着に敗退した。勝ったブレスジャーニーから0.4秒引き離された内容は完敗といえ、本馬にとっても初の挫折といって良いだろう。

 この走りを見て、かつて「地方の怪物」と囁かれたこの馬を完全に見限ったファンは多い。実際に今週の朝日杯FS(G1)では単勝20.4倍の8番人気。完全に伏兵の一頭の扱いだ。

 だが、朝日杯FSのメンバーを今一度見渡して、果たしてこの中に今年の東京スポーツ杯2歳Sで掲示板を確保できる馬が何頭いるだろうか。

2歳女王ソウルスターリングと1馬身差!?地方の怪物トラストを見限るのは「まだ早い」といえる数多くの理由のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!