NEW

四位洋文騎手が「絶好調コンビ」にあやかり復活のG1制覇!朝日杯フューチュリティS(G1)はディープインパクト産駒のサトノアレスが快勝!

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 3着にも12番人気と人気薄のボンセルヴィーソが逃げ粘ったが、こちらも前走はデイリー杯2歳S(G2)をタイム差なしの2着に逃げ粘っていた馬。終わってみれば、重賞実績を素直に信頼すべき決着となったようだ。

「しまいのキレが良い馬で、来年は大きいところを狙える馬だと思います」

 四位騎手が”覇権”を狙えるだけの牡馬に乗るのは、2008年の日本ダービー馬ディープスカイ以来だろうか。来年のクラシックで、NHKマイルCとの変則二冠を達成したあの時のような大暴れを期待したい。

四位洋文騎手が「絶好調コンビ」にあやかり復活のG1制覇!朝日杯フューチュリティS(G1)はディープインパクト産駒のサトノアレスが快勝!のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!