NEW

「北斗の拳」すら「新基準」では苦戦中!? 暗雲漂うパチスロ新時代を救うのは?現役関係者がコメント

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
pachinkohitobito.jpg

 2016年8月1日より、純増2枚を超えるAT機の導入が完全に禁止となったパチスロ業界。「万枚の達成は不可能」ともいわざるを得ない「新時代」は確実に迫っている。その上で重要になるのは「新基準機に対する反応」であるが……。

 率直な感想は「苦戦を強いられている」というもの。それはホールの稼働状況・ネットなどで公開されているユーザーのコメントを見ても明らかだ。

 規制や時代の流れに対応しヒット作を生み出し続けてきた「北斗の拳シリーズ」の新台。最も期待されていた『北斗の拳 修羅の国篇』でさえも苦戦している状況は、パチスロ業界にとって避けたかった事態であろう。

 果たしてパチスロ業界が向かう「新時代」を当事者たちは、どのように考えているのだろうか?

 今回はパチンコ業界一筋のベテラン店長、地域密着営業を目標に掲げる『石川 保(仮名)氏』に話をうかがった。

–純増約2.0枚のART機が苦戦することは予想していましたが、過去にヒット作を出している人気シリーズも厳しい状況ですよね?

石川氏:出玉の期待度を失った影響は大きいですね。その点は覚悟していました。しかし人気機種であれば、それなりの稼働率は見込めると期待していたのも事実です。その中でも『修羅の国篇』への期待は、どの店も高かったはずですよ。

「北斗の拳」すら「新基準」では苦戦中!? 暗雲漂うパチスロ新時代を救うのは?現役関係者がコメントのページです。GJは、パチンコ・パチスロ、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!