NEW

【徹底考察】有馬記念(G1) シュヴァルグラン「悲願の初G1制覇へ向けて『何』を変えるべきか。王者キタサンブラックに『勝つ』ために必要なこととは」

【この記事のキーワード】

, ,


 だからこそ、大阪杯のアンビシャスや天皇賞・春でカレンミロティックのようにキタサンブラックを早めにねじ伏せに行きたい。仮に先団に取り付かなくとも、中団から早めにまくる形でも良いだろう。

 ハーツクライ産駒となる本馬のセールスポイントは、スピードよりもスタミナ。バテて止まるという他力本願を狙うには、あまりに相手が悪すぎるからこそ、自ら「勝ちに行く競馬」を試みたいところ。負けるにしても、バテて負けるのなら本望だ。

 福永騎手が昨年の骨折から復帰してから初の重賞制覇が、いつになく積極的だった阪神大賞典だった。今回も故障離脱の鬱憤を晴らすような勝負騎乗を期待したい。
(監修=下田照雄(栗東担当))

【徹底考察】有馬記念(G1) シュヴァルグラン「悲願の初G1制覇へ向けて『何』を変えるべきか。王者キタサンブラックに『勝つ』ために必要なこととは」のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!