NEW

マイネル岡田総帥の「真打ち」コスモスは中央で通用するのか?すでに「ダート馬」のレッテルを貼られている期待の星を「チャンス十分」と証明する歴史

【この記事のキーワード】, ,
keiba1121.jpg

「来年の英国ダービーを勝つ」

 例え”伊達”や”酔狂”であったとしても、日本のホースマンの中でそう胸を張って言えるのはマイネル軍団の総帥・岡田繁幸氏くらいのものだろう。それも本人は大真面目だから、我々のような素人はどうしても期待してしまう。

 今週末のホープフルS(G2)で中央競馬に初挑戦するコスモス(牡2歳、川崎・河津裕昭厩舎)は、そんな岡田氏が来年の英ダービーに連れて行ってくれると惚れ込む逸材だ。現在、まだ登録はされていないものの、場合によっては追加登料1200万円の支払いも辞さない覚悟らしい。

 当初は同じ岡田総帥の所有馬トラスト(牡2歳、栗東・中村均厩舎)で来年の英ダービーに向かう予定だったが、総帥曰く育成段階ではトラストの方が上だったが、調教を積むにつれてコスモスが逆転したらしい。

 それで現在はコスモスに期待しているらしいが、そうそう上手くいくものなのだろうか。

 仮にコスモスがトラストと互角以上の力を持っていれば、ここでも十分に通用する。トラストはすでに札幌2歳S(G3)を勝ち、評判馬が揃った東京スポーツ杯(G3)や先週の朝日杯フューチュリティS(G1)でも5着した実力馬だ。仮にメンバーが手薄なここに出走して来れば、上位人気は間違いないだろう。

 ただ、岡田総帥が「トラスト以上」と評価しているのは、あくまで調教の動きであり、実際のレースに出てどうかという疑問は拭えない。

 その点に関して一つの目安となるのが、2頭の地方競馬での実績だ。共にデビューから2戦を地方競馬でレースしているが、トラストの2戦目の若草特別とコスモスのデビュー戦は共に「重馬場の川崎1400m」で行なわれている。

 そこでトラストは最初から最後まで影を踏ませぬ逃走劇で、スピードの違いを見せつけ圧勝。1:31.4で走破し、後続には2.4秒という大差をつけた。

マイネル岡田総帥の「真打ち」コスモスは中央で通用するのか?すでに「ダート馬」のレッテルを貼られている期待の星を「チャンス十分」と証明する歴史のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

23:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA 武豊で3年間「未勝利馬」が一変、藤田菜七子「G1制覇」のチャンスも…今春G1“主役”の結果は【2022年上半期『GJ的』7大ニュース】前半戦
  2. 宝塚記念(G1)元JRA藤田伸二氏、田原成貴氏が揃って「大失敗」を指摘!? エフフォーリア陣営の迷走、元騎手だからこそ「疑問視」した違和感
  3. JRA今村聖奈「先約破棄」でテイエムスパーダ騎乗の謎……CBC賞(G3)重賞初騎乗Vチャンス到来も、自厩舎馬からまさかの乗りかえ
  4. JRA宝塚記念(G1)横山典弘「息子愛」でタイトルホルダー救った!? 好アシストに陣営からも感謝の声、横山和生が「最大のピンチ」を脱した裏側
  5. JRA凱旋門賞(G1)武豊ドウデュースに「想定外」の大誤算!? 現役最強に名乗り、タイトルホルダーにあって「惨敗組」になかったものとは
  6. JRA M.デムーロ「僕の中で一番強い」タイトルホルダーが受け継ぐ最強馬のバトン…キタサンブラックが一度も勝てなかったドゥラメンテ、「夢の続き」は父から子へ
  7. JRA武豊や岡部幸雄を超えた福永祐一の「大記録」に黄信号!? 騎乗停止や落馬負傷はもはや許されない、名手を襲う過去最大級のピンチ
  8. JRA帝王賞(G1)武豊「もちろんシンガリでした」の苦い記憶、誰もが逃げると確信したレースで「致命的」ミス…夢のタッグは競馬どころじゃなかった!?
  9. JRAエピファネイア産駒の「早熟説」はどこまで本当なのか!? キズナとの比較に明白な違い…エフフォーリア、デアリングタクトに「反証」の期待
  10. JRA M.デムーロで「必勝態勢」春二冠女王と接戦を演じた実力馬が7番人気の珍事!? 1勝クラスで当然の勝利も、何故「10万馬券」決着となったのか