NEW

有馬記念、キタサンブラックを襲う「サトノ包囲網」!? ルメールとダイヤモンドよりコワい「ノブレス」の存在

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
kitasanburakkujc.jpgキタサンブラック(競馬つらつらより)

 25日に迫る競馬の総決算「有馬記念(G1)」。注目は年度代表馬の可能性を残すキタサンブラック(牡4 栗東・清水厩舎)だが……。

 前走ジャパンCではマイペースでの逃げを披露しての圧勝だっただけに、今回はライバルたちが「楽逃げ」はさせてくれないだろう。すでに逃げ馬のマルターズアポジーが出走することとなっており、先頭に立つ可能性は少ないが、王者に対しきついマークがつくことは避けられないだろう。

 そんな中、キタサンブラック陣営にとって最大の”難敵”となりそうなのが、最大のライバルと目されるサトノダイヤモンド(牡3 栗東・池江厩舎)である。

 クラシック最終戦である菊花賞を圧倒的な強さで制し、3歳世代の頂点に立ったと目されるサトノダイヤモンド。デビュー当初から「競馬界を背負って立つ」と言われた逸材だけに、期待が大きくなるのも当然だ。

 鞍上のC.ルメール騎手も、かつてこの有馬記念で競馬ファンなら誰もが知る「伝説」を残している。2005年の同レース、無敗の三冠馬ディープインパクトにハーツクライで初めて土をつけた。その勝利は、これまで追い込み一辺倒だったハーツクライを「先行」させるという決断がもたらしたもの。その騎乗に多くのファンが驚愕したのは言うまでもない。

 このコンビが、キタサンブラックにとって脅威となることは言うまでもない。さらに、同馬にとって無視できないのが、サトノダイヤモンドの「同胞」だ。

有馬記念、キタサンブラックを襲う「サトノ包囲網」!? ルメールとダイヤモンドよりコワい「ノブレス」の存在のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!