NEW

『麻王』伝統の名機が覚醒スペックで甦る!激甘ながら「難しい」と唸るギャンブル台とリメイク機が秘める可能性とは?

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 往年のパチンコファンであれば、思わず「おっ!」と反応する名機。

 麻雀を題材にしたゲーム性で大ヒットした初代「麻王」のリメイク機『CR麻王DX SP』がホールへ降臨する。初代「麻王」が23年の時を経て復活することへ大きな関心が集まりそうであるが......。

 多くの人間が注目しているのは「特徴がありすぎる」スペックである。

mao-.jpg
西陣HP」より

【大当り確率】1/67.35(高確率:1/10.03)
【電サポ回数】70回(ST10回+時短60回)
【継続率】ST継続率65%・時短継続率約59%
【賞球数】4&1&3&8
【ラウンド数】15Ror10Ror8Ror7Ror6Ror5Ror1R
【カウント】6
西陣HP」より


 メーカーが「新生覚醒スペック」と表現する本機は、大当たり確率約1/67という甘デジよりも遊びやすい仕様。しかしながら、ST継続率65%・時短継続率約59%と出玉性能は高めに設定されている。

「遊びやすさ」と「出玉感」を兼ね備えた本スペックを、メーカーが「新生覚醒スペック」と表現することにも納得だ。ただ、スペック面で気になる点も存在している。確変にさえ突入すれば、遊パチとは思えない出玉を得ることも可能なわけだが......。

『麻王』伝統の名機が覚醒スペックで甦る!激甘ながら「難しい」と唸るギャンブル台とリメイク機が秘める可能性とは?のページです。GJは、パチンコ・パチスロ、パチンコ西陣麻王の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!