NEW

有馬記念に最強の「世相サイン」が!? オタク界の「競馬女王」桃井はるこが競馬総決算に切り込む!

【この記事のキーワード】, ,
1222momoi_01.jpg

 秋葉原オタクカルチャーの代表選手として、アニメファン、ゲームファンから圧倒的な支持を受けてきたアイドル・桃井はるこさん。なんと彼女は現在、競馬にドハマリしているという。前回行ったインタビューで競馬好きすらうならせるほどの知識とあふれ出る競馬愛を語ってくれた桃井さんに、今回は2016年を締めくくるイベント『有馬記念』で注目している馬を聞いてみた。いまや秋葉原を飛び出しワールドワイドに活躍する”アキバのレジェンド”は、新しくターフでも伝説を打ち立てることはできるのだろうか?

――今日はありがとうございます。まず、今年はどんな1年でしたか?

桃井はるこ(以下、桃井):昨年『STAY GOLD』というアルバムを出したんです。競走馬のステイゴールドとは関係ないですよ(笑)。いつまでも輝き続けられるアルバムになってほしい、という思いを込めて作成したんですけど、すごく好評で。そのおかげもあって今年もアルバム『Pink Hippo Album-セルフカバー・ベスト』を出すことができました。また、ワンマンライブや海外でのライブ、アイドルたちへの楽曲提供も順調に行えたので、仕事的には充実していましたね。そして、なんといってもプライベートではいろんな競馬場に行けたので楽しかったです。あとは、前回のインタビュー記事がきっかけで、私の競馬好きがいろんな人に広まってくれたというのもうれしかったですね。

――こちらこそ、ありがとうございました。ではさっそく本題に入って恐縮ですが、今年もあとわずかになり、いよいよ競馬好きにとっては年を締めくくるイベントがやってきましたね。

桃井:キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!! 有馬記念ですよね。

――そうです。まだ出走馬は確定していませんが(取材日:12月20日)、有馬記念の特別登録馬一覧を用意させていただきました。このラインナップに掲載されている馬を中心にお話をうかがいたいです。まだ現時点では枠も決まっていませんので、選ぶのは難しいと思うんですが……。

桃井:(見渡した後)ラストインパクトがいない。やっぱり、東京大賞典に向かったんですね。ダートでも強そうですものね。

 枠が決まっていないのでまだまだ未知数ですが、どのように展開するのかを考えるのは楽しいですよね。キタサンブラックは逃げ馬、先行馬なので、今回も逃げ切り勝ちを予想する人が多数いるんじゃないかと思います。

 でも、今回の有馬には17戦出走してすべて逃げの戦略を取っているマルターズアポジーがいるじゃないですか!! ここ数日、マルターズアポジーのことを24時間中18時間くらい考えているんですよ。

 私の中では有馬記念はリピーターが多く来るというイメージがあるんです。グラスワンダーとシンボリクリスエスは連覇していますよね。で、この2頭の共通点が「ロベルト系の血統」なんです。

 マルターズアポジーの血統を調べると、ストームキャット系ですけど、ロベルト系の「クロス(近親の同血)」が入っているんですよ!! ほかにもノーザンダンサー系のクロスと、あとは「世界史上最強馬」とも称されるセクレタリアトのボールドルーラー系のクロスも入っている!! 超良血なんです!!

有馬記念に最強の「世相サイン」が!? オタク界の「競馬女王」桃井はるこが競馬総決算に切り込む!のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

5:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA「一瞬しか本気で走っていない」陣営もダービー即断! 超大物が異次元の強さで3連勝、ジョッキーも「ポテンシャル高い」と太鼓判
  2. 元JRA藤田伸二氏「ちょっとないな」アートハウス川田将雅をバッサリ…「直線向くまで200点騎乗」と評価も手痛いダメ出し
  3. JRA「1番人気はいらないから1着だけ欲しい」あまりにも有名なダービーの名言、武豊やサイレンススズカも歯が立たなかった二冠馬の圧逃劇
  4. 武豊「痛かった」致命的な不利に審議も制裁もなし……。元JRA藤田伸二氏「制裁がなかったらおかしい 」、C.ルメール「騎乗停止」疑惑に冷や汗……【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  5. オークス(G1)元JRA安藤勝己氏も苦言を呈した「最長」遅延の裏側…G1初騎乗ジョッキーが「顔面蒼白」となった衝撃の後ろ蹴り
  6. JRA武豊「後方待機」連発にファンから不満も…日本ダービー(G1)ドウデュースの選択はキズナの再現が濃厚?
  7. JRA全面協力アニメ『群青のファンファーレ』が大コケ!? 『ウマ娘』の対抗馬として4月からスタートも、「話題」を殆ど耳にしないワケ
  8. JRA川田将雅「一人負け」に高配当ゲットの秘訣!? 相乗効果で浮上する日本ダービー(G1)想定「10番人気」の激穴馬
  9. JRA武豊「それが全て」異例の発走遅れでウォーターナビレラ轟沈……幸四郎の“神判断”も台無しに。あまりに大きい桜花賞「ハナ差」の代償
  10. JRAイクイノックスは「10番目」の地雷!? C.ルメール泥沼29連敗から脱出も…ダービーで追い風吹くのは「失態続き」の武豊