NEW

有馬記念に最強の「世相サイン」が!? オタク界の「競馬女王」桃井はるこが競馬総決算に切り込む!

【この記事のキーワード】, ,
1222momoi_02.jpg

――ロベルト系のクロスとは、いきなりコアな。

桃井:米国ダートの良血ですよね。有馬記念のコースはすごく強い馬でも勝てないことがあるじゃないですか。有馬記念はコース適性が問われる特殊なレースだと思うんです。マルターズアポジーは、前走の福島記念を含めて3連勝しているんですが、そのうちふたつは福島で行われています。私としては福島と中山ってなんとなく右回りだし適性が近いのかもしれないと感じているんです。なんとなくですけど。

 有馬記念は強い馬が集まるため何が勝つのかはわかりません。でも、坂が2回あるコースを2周しなければならないため、パワーが必要なのは間違いないはず。だからこそパワーがあるロベルト系のクロスがあり、さらに逃げることができるマルターズアポジーがいいところにいくのではないかなと。

――なるほど。

桃井:私の妄想では、最後マルターズアポジーが先頭で帰ってくるもキタサンブラックがそこから追い上げ、マルターズアポジーが残るか、それともキタサンブラックが競り勝つか、という展開ですね。できれば、マルターズアポジーは3着くらいまでには残ってもらいたいなぁ。

――話を戻して「リピーター」ですが、昨年の覇者ゴールドアクターはどうでしょうか?

桃井:ゴールドアクターは、父父がグラスワンダーじゃないですか。こっちのリピーターもありそうですよね。去年の有馬記念は、ゴールドシップではなくゴールドアクターが勝ったので、ゴールド違いだったのかと肩を落としましたが……。

 笹針放牧明けの産経賞オールカマーは見事勝利しましたね。私はこのとき勝ちに絡まないと見ていたんですが、そこでは裏切られたんですよ。でも、次のジャパンカップでは、凡走して負けたこともあり、結構疲労が溜まっているのではないかなぁと想像しています。なんの情報もないんですけど(笑)

――産経賞オールカマーは接戦でしたからね。最後の直線でサトノノブレスとの叩き合いは見応えがありました。

桃井:サトノノブレス! 今年の有馬にはサトノノブレスとサトノダイヤモンドが特別登録馬に名を連ねていますね。片方の勝ちしか信じることができずに、『あっちのサトノか!』という去年のゴールド違いの二の舞いになりそうで恐ろしい……。あと、サトノダイヤモンドは3歳じゃないですか。歴代でも名馬でないと、3歳では勝てないと思うんですよ。世の中は、サトノダイヤモンドとキタサンブラックの一騎打ち的な雰囲気になっているけど、皐月賞で勝っていないから中山には適性がないのかもしれないなと。

 加えて、サウンズオブアースも外せません。父がネオユニヴァースで、母父父はセクレタリアトという血統からも注目するのは間違いナシ。ただ、ジャパンカップの激走の疲れを心配しています。

有馬記念に最強の「世相サイン」が!? オタク界の「競馬女王」桃井はるこが競馬総決算に切り込む!のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

5:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA 武豊「繰り返された愚行」、単勝115.9倍の皐月賞(G1)勝利に呆然…トウカイテイオー「最後の希望」、独走する今村聖奈の秘密【『GJ的』7大ニュース】後半戦
  2. JRA宝塚記念(G1)元騎手が「大失敗」を指摘! 凱旋門賞(G1)武豊ドウデュースに大誤算!?  福永祐一の「大記録」に黄信号 【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  3. JRA「23年で1番良い馬」オグリキャップになれなかった日本ダービー(G1)1番人気。「上手く乗れなかった」強過ぎたからこそ動けなかったM.デムーロの慢心と後悔
  4. JRA今村聖奈「先約破棄」でテイエムスパーダ騎乗の謎……CBC賞(G3)重賞初騎乗Vチャンス到来も、自厩舎馬からまさかの乗りかえ
  5. JRA武豊ドウデュースら「本当の敵」は凱旋門賞離れ!? タイトルホルダー馬主が掲げた「狂騒曲」の終止符が賛同される理由
  6. JRA 武豊で3年間「未勝利馬」が一変、藤田菜七子「G1制覇」のチャンスも…今春G1“主役”の結果は【2022年上半期『GJ的』7大ニュース】前半戦
  7. JRA C.ルメール、D.レーン「不在」の穴を埋めるのは!? 社台グループが期待する6人の「推し」騎手
  8. JRA「どう見ても格が違う。武豊さまに任せました」西山茂行オーナーの“いじり”は愛と配慮あってこそ!? あのベテラン騎手の発奮に期待!
  9. JRA【CBC賞(G3)予想】今村聖奈テイエムスパーダ&アネゴハダの3歳牝馬は用なし!データから買える穴馬指名で、荒れ続きのハンデ重賞を制する!
  10. JRAエフフォーリアがコケても「信頼度」は揺るがない!? ディープインパクト産駒もついにラストクロップ…ロケットスタートで政権交代を猛アピール