NEW

有馬記念前日に「ほぼG1」レース開催! 豪華メンバー集う「阪神C(G2)」でミッキーアイルが今年を締めくくる!?

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
miki-airu.jpgミッキーアイル(JBISサーチ公式サイトより)

 今年の阪神競馬場で行われる最後の重賞は芝の1400mで争われる阪神C(G2)。1400mのスピード勝負には、スプリントとマイルそれぞれの路線で戦ってきた猛者たちが集う。普段は対戦することがない顔合わせが実現する。今年のG1の戦いでそれぞれのカテゴリーの王者は決定しているが、スプリントとマイルの中間である「1400mでのスピード王」の栄冠はスプリンター組、マイラー組どちらの頭上に輝くだろうか?

 ミッキーアイル(牡5、栗東・音無厩舎)はマイルG1を2勝している実力馬だ。前走のマイルCS(G1)で勝利はしたが最後の直線での斜行により、すっきりと喜べない結果となってしまったが、高い能力を示すことはできただろう。今年の高松宮記念(G1)、スプリンターズS(G1)では2着と結果を残しているように、マイラー・スプリンターとしての能力も高いものがある。ここでの好走へ期待が高まることも当然だ。誰もが納得する会心の勝利を目指したい。

 皐月賞(G1)馬イスラボニータ(牡5、美浦・栗田厩舎)は、この秋からは距離を短縮して本格的にマイル路線に切り替え戦績は安定している。前走のマイルCS(G1)ではミッキーアイルを頭差まで追い詰める好走。惜しくも届かなかったが、十分に評価できる内容であった。1400mの出走は今回が初となるが、道中の追走を上手くこなすことができれば上位争いも見えてくる。

 休み明けから好調を維持しているのはエイシンスパルタン(牡5、栗東・藤岡厩舎)だ。前々走のスワンS(G2)は3着、前走の京阪杯(G3)では2着と重賞でも結果を残している。また、阪神の芝1400mのコースは1勝を含む「2連対」と得意にしている舞台。今回はG1の常連「格上のメンバー」が相手になるが、互角に渡り合える力はある。

 今年の序盤こそ案外な結果が続いていたが、夏の函館スプリントS(G3)、キーンランドC(G3)は共に2着と復調してきたシュウジ(牡3、栗東・須貝厩舎)にも注目だ。前走のスプリンターズSでは、コンマ1秒差の4着と健闘。今後の活躍を予感させる走りであった。ハイレベルといわれる3歳馬が、短距離路線でも旋風を巻き起こせるかに注目だ。

 同じく3歳馬で5勝を挙げているトウショウドラフタ(牡3、美浦・萱野厩舎)も注目の一頭だ。勝ち鞍はすべて1400mと距離適性は抜群。その5勝全てが左回りだったという不安材料はあるが、互角に戦えるだけの能力は秘めているといえるだろう。

 他にも昨年の覇者ロサギガンティア(牡5、美浦・藤沢厩舎)や、再昇級してきたグランシルク(牡4、美浦・戸田厩舎)、昨年2着のダンスディレクター(牡6、栗東・笹田厩舎)など他にも多数の有力馬が出走を予定している。

「ほぼG1」と評される豪華メンバーが揃った、阪神C(G2)は24日(土)に阪神競馬場で15時45分に発走予定だ。

有馬記念前日に「ほぼG1」レース開催! 豪華メンバー集う「阪神C(G2)」でミッキーアイルが今年を締めくくる!?のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!