NEW

【東京大賞典(G1)展望】武豊騎手がアウォーディーで今年最後の大仕事!ダート界の総決算で再び頂点に導けるか!

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
takeyutaka0902.jpg

 1年の総決算といわれている有馬記念は終わったが、ディープな競馬ファンにとっては、これで1年を締めくくるわけにはいかないだろう。29日には、大井競馬場で「本当の総決算」となる第62回東京大賞典(G1)が開催される。

 今年の有馬記念が第61回で、東京大賞典が第62回。つまり、わずか1年ながら東京大賞典は有馬記念より古い歴史を持つ。ちなみに第1回は1955年に大井競馬場のダート2600mを8頭立てで行なわれ、ミスアサヒロという馬が勝利している。この頃は調教師が騎手を兼業することも珍しくなく、勝利騎手・勝利調教師は共に安藤徳男氏だった。

 今年はとにかくダートの有力馬が軒並み大きな故障もなく元気で、同じようなメンバーが何度も覇権を争ってきた。

 中盤でコパノリッキーがG1を3連勝するなどマンネリ化してきたかと思われたが、この秋になってアウォーディーが新王者に台頭。さらにはチャンピンオンズCでサウンドトゥルーが、昨年の当レース以来となるG1制覇を達成するなど一転して混戦模様となってきた。

 それでも人気の中心は武豊騎手のアウォーディー(牡6歳、栗東・松永幹夫厩舎)で揺るがないだろう。

 昨年秋のダート転向後、怒涛の6連勝。JBCクラシックではホッコータルマエ以下を負かして、ついに新王者の座を手にした。しかし、前走のチャンピオンズCでは単勝2.2倍の1番人気を背負いながら最後の直線で一度は抜け出したものの、最後にサウンドトゥルーの強襲に遭って2着。ダート戦で、生涯初の敗北を喫した。

 主戦の武豊騎手は敗因を抜け出してからソラを使ったことに求めたが、確かに最後は急激に止まっており、今後に大きな課題が残ったといえる。能力そのものがトップクラスであることは疑いようのない事実だが、早めに抜け出せないことは大きな弱点にもなる。難しい競馬を強いられそうだが、天才騎手の腕の見せ所だろう。

 逆に、ここに来て一気に評価を上げたのが、チャンピオンズCを制したサウンドトゥルー(セン6歳、美浦・高木登厩舎)だ。

【東京大賞典(G1)展望】武豊騎手がアウォーディーで今年最後の大仕事!ダート界の総決算で再び頂点に導けるか!のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!