NEW

出世レースのシンザン記念(G3)展望 未来のスター候補はどの馬になるのか!?

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 過去の優勝馬にジェンティルドンナやミッキーアイル、2着馬にはオルフェーヴルなど後にG1で勝利した名馬たちを数多く輩出し、出世レースの代表格とも言えるシンザン記念(G3)。昨年は2着馬だったジュエラーがその後に桜花賞(G1)を制しただけに、春のクラシックを占う上でも注目の戦いとなるだろう。

keiba1121.jpg

 今年の出走予定馬の中で、まず注目したいのがアルアイン(牡3、栗東・池江厩舎)である。現在2連勝中で新馬戦、千両賞(500万下)ともに直線でしっかりと伸びて危なげなく勝利している。父はディープインパクト、母もアメリカG1馬と良血馬と呼ぶにふさわしく今後の活躍を期待せずにはいられない。年をまたいで約中1週での出走となる今回は疲労による状態面の不安はあるが、ここまでの2戦を見る限り上位争いに絡んでくることは必至。このまま無傷の3連勝を果たし、歴代の名馬たちと肩を並べるような活躍をしていくことはできるだろうか?

 そんなアルアインのライバルになりえる存在の第1候補は、同厩ペルシアンナイト(牡3、栗東・池江厩舎)だろう。新馬戦は3馬身差をつけての快勝。2戦目のアイビーS(OP)では怪物の娘と言われ、昨年の阪神JF(G1)を勝利したソウルスターリングに敗れはしたものの2着と地力は十分に見せた。3戦目のこうやまき賞(500万下)では直線で流す余裕を見せながらの勝利。デビュー戦からの上がりタイムは常に最速を記録しており直線の距離が長くなる外回りコースは展開が向きそうである。持ち前の瞬発力を活かして同厩舎のライバルを倒し、出世街道を歩むことができるか注目したい。

 レース経験が豊富なトラスト(牡3、栗東・中村厩舎)も侮れない存在だ。前走の朝日杯FS(G1)では外枠ながら積極的な競馬で5着に入線した。また、メンバー中では唯一の重賞勝ち馬で札幌2歳S(G3)ではしっかりと逃げ勝っており実力は十分である。重賞を勝っていることによりトップハンデの斤量となるが、目標は日本ダービー(G1)と公言しているだけにここで無様な走りをするわけにはいかない。目標を達成するためにもここで更なる経験を積み重ね、実力に磨きをかけていきたいところ。

 コウソクストレート(牡3、美浦・中館厩舎)はスタートでの出遅れと外を回ったことの影響で4着に敗れてしまった前走の京王杯2歳S(G2)の雪辱を狙う。このレースの1、2着馬はモンドキャンノ、レーヌミノルでそれぞれ朝日杯FS(G1)2着、阪神JF(G1)3着と相手が強かった。そんな中でのレースでも3着馬にはハナ差と詰め寄っており、まともにレースを進めていれば結果は分からなかっただろう。新馬戦、くるみ賞(500万下)ではスタートを決めて道中をうまく立ち回れていたので、同じような展開でレースが出来ればチャンスは十分にあるはずだ。

出世レースのシンザン記念(G3)展望 未来のスター候補はどの馬になるのか!?のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!