NEW

エアスピネルと武豊騎手が京都金杯(G3)で今年初笑い!”自分探しの旅”を終えた世代屈指の大器が、主役不在のマイル界に「新王者」として大きく名乗り!

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
easupineruda-bi-.jpgエアスピネル(競馬つらつらより)

 負けられない勝負を勝ち切ったことは、本当に大きい。

 将来を羨望されながらも勝ち切れなかった”この馬”だからこそ、その「意味」は競馬界に一際大きな光を放ったと述べても過言ではないだろう。

 5日に京都競馬場で開催された京都金杯(G3)は、単勝1.8倍という圧倒的な1番人気に推されたエアスピネル(牡4歳、栗東・笹田和秀厩舎)が快勝した。

 エアスピネルと同世代で、マイル路線で着実に力を付けてきたアストラエンブレム。トップハンデながらマイルG1で何度も馬券圏内を確保しているフィエロ。キャピタルS(OP)を3馬身差で圧勝してきたブラックムーンなど、多士済々なメンバーが集った今年の京都金杯。一年の計を占うに相応しい好レースが期待されていた。

 晴天の中、良馬場で行なわれたレースは全馬がほぼそろったスタートを切り、最初にハナを主張したのは人気薄のペイシャフェリスだった。外からマイネルハニーが続き、アルマディヴァンが先団を形成する。

 エアスピネルはそれらを見るような形で好位に取り付いたが、スタートから出して行った分、やや引っかかり気味だった。ハナ争いが激化したため、スタートして600mは33.9秒とやや速いペース。1000m通過も57.6秒と、持久戦の色合いを濃くして最後の直線へ。

 逃げ粘るペイシャフェリスを交わしてマイネルハニーが先頭に立つが、ハンデ戦らしくどの馬にもチャンスがありそうな展開。エアスピネルは先頭集団の外に取り付く、絶好のポジションを確保していた。

 満を持す形で武豊騎手がスパートをかけると、あっという間にマイネルハニーを捕えて先頭へ。残り200mを切り、約1年ぶりの勝利は完勝かと思われたが、馬群を抜け出してきたブラックスピネルが強襲。2頭が並んだところがゴールだった。

「もっと弾けると思った」

エアスピネルと武豊騎手が京都金杯(G3)で今年初笑い!”自分探しの旅”を終えた世代屈指の大器が、主役不在のマイル界に「新王者」として大きく名乗り!のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!