NEW

勝てば1億円のボーナス! 米ベルモントSの計らいで「米三冠」勝利の日本馬誕生?

【この記事のキーワード】

, ,

160121_keiba.jpg

 ニューヨーク州競馬協会(以下、NYRA)は、17年に開催されるベルモントSに参加した日本馬が優勝した際、賞金とは別に100万ドルのボーナスを出すことを決定したと発表した。ベルモントSの優勝賞金は80万ドルと設定されており、もし日本馬が勝利を上げることができたならば、その賞金額は180万ドルと1着2億円の賞金が設定されている東京優駿に見劣りすることのない額を手にすることができる。

 ベルモントSはアメリカで行われ、ケンタッキーダービー、プリークネスSともにクラシックを3冠と称されるレース。昨年はラニが武豊を鞍上に迎え、この3冠に皆勤賞で参戦し、大いに話題になった。ラニはケンタッキーダービー9着、プリークネスS5着、そしてベルモントS3着で終えている。だが、このベルモントSではクリエイター、デスティンらの後塵を拝したものの、最後の直線では鋭い末脚を見せ、あわや勝利を収めるかと思うほど、惜しいレースを見せていた。

 このNYRAの発表に大きな驚きがもたらされているようだが、この決断を後押ししたのはどうやら日本の競馬ファンの存在が大きかったようだ。

15年春に実施された競馬法改正により、今年から日本にいながらも、海外馬券を購入することができるようになった。そして海外馬券第1弾として設定されたフランスの凱旋門賞では、日本からの売上は約41億円、これは現地の売上の約2倍に達したともいわれており、まぎれもなく大成功を収めていた。このジャパンマネーに目をつけたNYRAが日本の競馬ファンを捕まえるべく、日本馬に対してのボーナスを設定したのだろう。

勝てば1億円のボーナス! 米ベルモントSの計らいで「米三冠」勝利の日本馬誕生?のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!