NEW

横山典弘騎手、新年初「ポツン」。京都金杯のみならず2つも「奥義」披露でファンも複雑?

【この記事のキーワード】, ,
yokoyamanori.jpg「Cake6」より

 今年もいきなりやってくれた。

 日本競馬界においてダントツの「よくわからない天才騎手」横山典弘騎手。誰もが驚く神騎乗を見せる時もあれば、まるでやる気がないかのごとく後方「ポツン」でそのまま惨敗することもある、馬券師たちの頭を悩ませる大ベテランである。

 そんな横山騎手が5日の2017年中央競馬開幕の日、しっかりと見せつけてくれた。京都メインレースである京都金杯において、もはやお家芸(?)の「ポツン」をまたまた披露したのだ。

 横山騎手が騎乗したのは7番人気のミッキージョイ(牡5 美浦・萩原厩舎)。同馬はスタートからいっせいに飛び出すライバルたちをまるで他人事のごとく見送り、即座に最後方に。鞍上もまったく焦る様子もなく「折り合って」いた。

 直線に入り、エアスピネルが先頭に立って観衆が沸いている頃、ミッキージョイはまだ最後方。最後は大外に出してようやく横山騎手がアクションを起こした脚を伸ばしたものの、8着でレースは終了。ゴールしたのは、すでに勝敗が決したずっと後だった……。

 ネット上では「新年初笑い」「今年もここから始まる」と、歓迎しているのか呆れているのか分からないコメントが散見されるが、実は横山騎手、この前レースである万葉Sでも、変わったレースを見せていた。

 騎乗していたのはピンポン(牡7 栗東・寺島厩舎)。同レースでも最後方からレースをスタートさせた横山騎手だったが、1周目の正面スタンドに入った際、大外に持ち出して一気に進出。まさかの「逃げ」の形にもっていった。

横山典弘騎手、新年初「ポツン」。京都金杯のみならず2つも「奥義」披露でファンも複雑?のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

23:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA宝塚記念(G1)横山武史「これでは伸びない」 エフフォーリアの力負け疑惑深まる…悩める王者がいよいよ崖っぷち
  2. JRA凱旋門賞(G1)武豊ドウデュースに「想定外」の大誤算!? 現役最強に名乗り、タイトルホルダーにあって「惨敗組」になかったものとは
  3. JRA武豊が「最低人気」で見せた意地 女性騎手に名伯楽が辛口ジャッジ!? アノ名騎手に批判殺到? 松山弘平「斜行」であわや……【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  4. JRA武豊アリーヴォ「ポツン騎乗」のなぜ!? 宝塚記念(G1)ドゥラメンテ産駒2頭で分かれた明暗…レジェンドも危惧した「嫌な予感」が的中か
  5. 【帝王賞(G1)展望】テーオーケインズVSオメガパフュームVSチュウワウィザード!注目「上半期のダート頂上決戦」は実力伯仲の三つ巴!
  6. 宝塚記念(G1)元JRA藤田伸二氏、田原成貴氏が揃って「大失敗」を指摘!? エフフォーリア陣営の迷走、元騎手だからこそ「疑問視」した違和感
  7. JRA「勝ち馬が強かった」川田将雅、武豊、福永祐一もお手上げ!? “伝説の新馬戦” を制したC.ルメールは「いい勉強になりました」と余裕綽々
  8. JRA「弾けました」低評価を覆す豪脚一閃で先行勢を一掃! 宝塚記念(G1)激走、故・岡田繁幸さん素質見抜いた「逆輸入」種牡馬にブレイクの予感
  9. 池添謙一「圧勝ムード」からノーステッキで逆転負け…「単勝1.8倍」敗戦にファンから疑問の声
  10. JRA宝塚記念(G1)麒麟・川島明が「20万円超」払い戻しで有終の美!ファンからは京都競馬場の「改修工事」に恨み節も!?