NEW

シンザン記念=浜中俊騎手!? 「相性が良すぎるレース」に今年も登場。しかし、隠せない「不安」も

【この記事のキーワード】, ,
hamanaka.jpg「TEAM GRIP」公式サイトより

 8日に開催される3歳重賞シンザン記念(G3)。数多くの名馬を生み出してきた登竜門として定着する重要な一戦だ。

 ただ、ここ数年は「名馬の登竜門」というより「ある騎手のためのレース」という意味合いが強くなっている印象だ。

 それが、浜中俊騎手である。

 浜中騎手は2011年にレッドデイヴィスで同レースを初制覇して以来、過去6年間で「4勝」。このレースを大好物にしているのだ。それも、決して堅い人気馬だけで勝利しているわけではない。昨年制した際に騎乗したのは8番人気のロジクライ。後の桜花賞馬ジュエラーを抑えての金星だった。シンザン記念と浜中騎手の相性は人智の超えた世界にあるのかもしれない。

 そこで、今年だ。浜中騎手はしっかりと騎乗馬を確保して出走する。デビュー戦を後方一気の末脚で制したイエローマジック(牡3 美浦・小島厩舎)に騎乗するわけだ。

 前日オッズでは10番人気と伏兵扱いの同馬。デビュー戦を接戦で制しただけではまだ評価には値しないということか。本命視されるアルアインやペルシアンナイトと比較すればこの人気も妥当だろう。それでも、同レースで抜群の相性を有する浜中騎手なら……と期待する馬券師も多いのではないだろうか。

 ただ、「シンザン記念マイスター」としても、イエローマジックで勝利するのは困難を極めるかもしれない。

 シンザン記念は2010年にガルボが勝利したものの、その後は6年連続で「関西馬」が勝利している。もちろんたまたまかもしれないが、イエローマジックは関東馬。データ上では浜中騎手にとっては「向かい風」ということになる。

シンザン記念=浜中俊騎手!? 「相性が良すぎるレース」に今年も登場。しかし、隠せない「不安」ものページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

23:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA宝塚記念(G1)横山武史「これでは伸びない」 エフフォーリアの力負け疑惑深まる…悩める王者がいよいよ崖っぷち
  2. JRA凱旋門賞(G1)武豊ドウデュースに「想定外」の大誤算!? 現役最強に名乗り、タイトルホルダーにあって「惨敗組」になかったものとは
  3. JRA武豊が「最低人気」で見せた意地 女性騎手に名伯楽が辛口ジャッジ!? アノ名騎手に批判殺到? 松山弘平「斜行」であわや……【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  4. JRA武豊アリーヴォ「ポツン騎乗」のなぜ!? 宝塚記念(G1)ドゥラメンテ産駒2頭で分かれた明暗…レジェンドも危惧した「嫌な予感」が的中か
  5. 【帝王賞(G1)展望】テーオーケインズVSオメガパフュームVSチュウワウィザード!注目「上半期のダート頂上決戦」は実力伯仲の三つ巴!
  6. 宝塚記念(G1)元JRA藤田伸二氏、田原成貴氏が揃って「大失敗」を指摘!? エフフォーリア陣営の迷走、元騎手だからこそ「疑問視」した違和感
  7. JRA「勝ち馬が強かった」川田将雅、武豊、福永祐一もお手上げ!? “伝説の新馬戦” を制したC.ルメールは「いい勉強になりました」と余裕綽々
  8. JRA「弾けました」低評価を覆す豪脚一閃で先行勢を一掃! 宝塚記念(G1)激走、故・岡田繁幸さん素質見抜いた「逆輸入」種牡馬にブレイクの予感
  9. 池添謙一「圧勝ムード」からノーステッキで逆転負け…「単勝1.8倍」敗戦にファンから疑問の声
  10. JRA宝塚記念(G1)麒麟・川島明が「20万円超」払い戻しで有終の美!ファンからは京都競馬場の「改修工事」に恨み節も!?