NEW

イブキが京成杯から始動。鞍上ヨシトミ先生はブレスジャーニー、ディヴァインコードなど有望株の3歳牡馬が多士済々で…

【この記事のキーワード】, ,

「奥村調教師は先週のフェアリーSでも管理馬ライジングリーズンが優勝。デビュー4年目にして重賞初制覇を挙げました。その他、今年に入ってすでに3勝を挙げており、あくまで現時点でということですが、リーディングに立っている新進気鋭の若手調教師です。善臣騎手がすでに牡馬クラシック路線でお手馬を抱えていることは周知の事実ですから、ここであえて鞍上として選ばれた理由ははっきりとはわかりませんね。次のレースで騎手をスイッチする可能性は高そうで、1レースだけの”代打要員”として起用された可能性もあります」(競馬記者)

 京成杯に出走予定のある馬で、イブキを除いて重賞好走経験があるのはホープフルS2着のマイネルスフェーンのみ。ほとんどが1勝馬という混戦模様で、イブキにとっては重賞初制覇へ願ってもない舞台だ。果たしてヨシトミ先生はテン乗りでどんな騎乗を見せてくれるのか。後々の鞍上が誰になるかはともかく、今回はベテランの手綱さばきに注目したい。

イブキが京成杯から始動。鞍上ヨシトミ先生はブレスジャーニー、ディヴァインコードなど有望株の3歳牡馬が多士済々で…のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

5:30更新
  • 競馬
  • 総合