NEW

キタサンブラックが大阪杯始動で「春古馬三冠」総取りを狙う! ライバルサトノダイヤモンドと激突の先にロンシャンの舞台が

【この記事のキーワード】, ,
kitasanburakkutakeyutaka.jpgキタサンブラック(競馬つらつらより)

 2016年のJRA年度代表馬キタサンブラック(牡5 栗東・清水厩舎)が、候補となっていたドバイ遠征を行わず、春は国内に専念することがわかった。

 キタサンブラックは今年G1に昇格する大阪杯から始動し、天皇賞・春の連覇、さらには宝塚記念制覇を目指す構えだ。今年から始まる「春古馬三冠」をいきなり達成しようということだろう。

 昨年は大阪杯2着、天皇賞・春1着、宝塚記念3着とすべてで馬券に絡み、その対応力の高さを示したキタサンブラック。陣営が「三冠」を狙えると思うのも当然だろう。三冠制覇すれば賞金とは別にJRAから2億円の「ボーナス」も手に入る。疲労の溜まりやすい海外遠征を狙うより、秋の大目標である凱旋門賞を目指す上でも最善策と言えるかもしれない。

 しかし、キタサンブラック陣営の野望には大きな壁が立ちはだかる。一足先に、同じく国内専念を発表した最大のライバル・サトノダイヤモンド(牡4 栗東・池江厩舎)だ。

 昨年の有馬記念、最後の最後でサトノダイヤモンドの凄まじい末脚に屈したキタサンブラック。まさに「頂上決戦」と言える内容だっただけに、今年も2頭のライバル関係が競馬界の中心となることは想像に難くないが、いきなり春古馬三冠すべてで激突する可能性も出てきた。

キタサンブラックが大阪杯始動で「春古馬三冠」総取りを狙う! ライバルサトノダイヤモンドと激突の先にロンシャンの舞台がのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

17:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA「23年で1番良い馬」オグリキャップになれなかった日本ダービー(G1)1番人気。「上手く乗れなかった」強過ぎたからこそ動けなかったM.デムーロの慢心と後悔
  2. JRA 武豊「繰り返された愚行」、単勝115.9倍の皐月賞(G1)勝利に呆然…トウカイテイオー「最後の希望」、独走する今村聖奈の秘密【『GJ的』7大ニュース】後半戦
  3. JRA【CBC賞(G3)予想】今村聖奈テイエムスパーダ&アネゴハダの3歳牝馬は用なし!データから買える穴馬指名で、荒れ続きのハンデ重賞を制する!
  4. JRA武豊ドウデュースら「本当の敵」は凱旋門賞離れ!? タイトルホルダー馬主が掲げた「狂騒曲」の終止符が賛同される理由
  5. JRA宝塚記念(G1)元騎手が「大失敗」を指摘! 凱旋門賞(G1)武豊ドウデュースに大誤算!?  福永祐一の「大記録」に黄信号 【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  6. JRA【ラジオNIKKEI賞(G3)予想】サトノヘリオスは危険な人気馬!実績重視で人気薄の穴馬本命で好配当をいただき!
  7. JRA今村聖奈「先約破棄」でテイエムスパーダ騎乗の謎……CBC賞(G3)重賞初騎乗Vチャンス到来も、自厩舎馬からまさかの乗りかえ
  8. JRA「大差レコード負け」からジョッキーも信じられない奇跡!? 約2年20戦の時を経て「2着馬」が10馬身差の圧勝でレコード再更新
  9. JRAレシステンシアに起きた元・主戦騎手との「運命」の交差…すれ違いの骨折判明で「最後の秋」の出走は
  10. JRA 武豊で3年間「未勝利馬」が一変、藤田菜七子「G1制覇」のチャンスも…今春G1“主役”の結果は【2022年上半期『GJ的』7大ニュース】前半戦