NEW

木村拓哉『A LIFE』初回視聴率良好も問題は「ひねり」のない内容!? 裏の「大爆死ドラマ」のおかげで結果オーライか

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
terebi.jpg

 15日に放送された木村拓哉主演『A LIFE~愛しき人』(TBS系)。SMAP解散後初の主演ドラマということで大きな注目を集めていたが、その初回視聴率が14.2%(ビデオリサーチ調べ、関東地区 以下同)だったことがわかった。初回は25分拡大版。

 この14.2%をどう捉えるかは人によって意見が分かれるところかもしれないが、同じく元SMAPの草なぎ剛主演『嘘の戦争』の初回が11.8%であり、結果としては「さすがキムタク」と言える数字ではある。

 さらに、同時間帯には安定して数字を取る『行列のできる法律相談所』(日本テレビ系)の3時間SPが裏で放送されている。強力なライバルがいたことを考えれば十分のようにも思える。

 ただ、ドラマの内容には不満や不安も多いようで……。

「医療を軸にしたヒューマンドラマといった趣の同ドラマですが、愛する女性の病や親友との関係性など、描かれる中身にひねりがなく、ネット上では『最終回の展開がもう分かった』なんて声も上がっています。キムタクがどうこうというより、中身に対する不満が多いですね。超がつく豪華キャストですし一定の視聴率確保はTBSとしても至上命題でしょうが、このままストレートな内容が続くようですと、数字が目減りする可能性も否定できません」(記者)

 まだまだ油断はならない様子の『A LIFE』。ただでさえ視聴率を取ることが難しい昨今のドラマ界を考えれば、当然のように2ケタを超えてくる時点ですごいことなのかもしれないが……。

 ただ、仮に『A LIFE』が多少数字を落とそうとも、それを感じさせないレベルの「爆死ドラマ」が裏にあるから大丈夫という声も。

木村拓哉『A LIFE』初回視聴率良好も問題は「ひねり」のない内容!? 裏の「大爆死ドラマ」のおかげで結果オーライかのページです。GJは、エンタメ、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!