NEW

戸崎圭太騎手「大スランプ」も実はいつものこと!? 1番人気の連敗数はついに未踏の領域へ

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
tosakikeita.jpgCake6より

 JRA年間最多勝利騎手に輝いた戸崎圭太騎手に異変が生じていると話題になっている。

戸崎騎手は2016年にこれまでの自身の146勝という記録を更新する187勝をあげ、3年連続でリーディングを獲得。今年も活躍が期待されていた。

1月5日の中山競馬場から17年のキャリアをスタートさせた戸崎騎手は、16日までに1番人気に23回押されている。だが、いまだ勝ち星から見放されている。昨年末から地方も加えて数えれば、これまで1人気で25連敗していることになってしまった。しかも、今年はいまだ2勝。昨年2週終了時で8勝あげていたのと比べると、勢いには陰りがあると感じてしまうのも確かだ。

ネット上でも同様の指摘はされており、「かなりヤバくないか?」「スランプなのかも……」という心配の声もあがっている。

「昨年、最多勝をあげ、さらに夏には『JRA重賞騎乗機会連続連対』を新記録である10まで伸ばすなど、まさに向かうところ敵なしの戸崎騎手ですが、実は例年1月はあまり成績がよくないんですよ。

1月に限れば、16年は18勝、130勝した15年は8勝、146勝あげた14年は6勝と、他の月に比べるとファンの期待に応えられていないんです。今年の成績を見ればファンから心配の声が上がるのもわかりますが、1番人気が勝てるとは限らないのが競馬ですし、春先になればまた怒涛の勢いで勝ち星を積み重ねてくれるはずです」(記者)

戸崎騎手自身も勝てないことを自覚しているようで、17年初週で1勝しかあげられなかった後のインタビューで、「正月だから気が抜けているとか、そんなことはないのでね」と「競馬ラボ」内のインタビューで語っている。

昨年は史上5位の速さで年間通算100勝を達成し、天才とまで称される戸崎騎手。今年も多くの大レースに騎乗することが予想されている。彼ほどの腕と実績がある騎手ならば心配せずとも、年末にはリーディングジョッキー争いに食い込んでいるのではないだろうか。17年の競馬はまだ始まったばかり、どのような名争いを演出してくれるのか、期待して待ちたい。

戸崎圭太騎手「大スランプ」も実はいつものこと!? 1番人気の連敗数はついに未踏の領域へのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!