NEW

ルメール・デムーロコンビが極度の大不振……一方で「前座」の1月だからこそ熱い存在感を放つ東西「穴騎手」の勝負駆け!

【この記事のキーワード】, ,
keiba0210gjxs.jpg

 昨年、リーディング上位を占めた戸崎圭太騎手やC.ルメール騎手、M.デムーロ騎手らが下位でくすぶっている一方、2017年年明けの競馬は「東西の穴男」が熱い存在感を放っている。

 まだ17日の京都競馬が残っているとはいえ、現在のリーディングで単独トップを走る関東の田辺裕信騎手は、その最もたる存在だろう。

 昨年も安田記念(G1)のロゴタイプでモーリスから大金星を挙げるなど、随所に活躍を見せていたが、今年はこれまで8勝を上げて堂々のリーディングトップ。それも中山金杯(G3)で2着、15日の京成杯(G3)をコマノインパルスで1番人気に応えるなど内容面も充実している。

 無論、昨年のリーディングジョッキーとなる戸崎圭太騎手が大きく出遅れていることもあるが、田辺騎手自身も昨年は関東リーディングで3位。今回の降雪による変則開催でも、関東から唯一、3日間ともに参戦するなど気合十分。お手馬も揃ってきた感もあり、今年はリーディング争いに加わってほしい存在だ。

 さらに自身が「人気の馬に乗るより、穴馬に乗る方が楽しい」と話している通り、田辺騎手は競馬界でも屈指の”美味しい騎手”。好調な今年もその穴男ぶりは健在で、全8勝の内、1番人気の勝利はわずか3度に対して、5番人気以下でも同じく3勝を上げている。

 関東の有力騎手の1人とあって大穴の騎乗は多くないが、ワンチャンスありそうな中穴程度の馬に騎乗する場合は積極的に狙っていきたい。

 その一方、関西で存在感を高めているのが和田竜二騎手だ。

 和田竜二騎手といえば若手の頃は「世紀末覇王」と称されたテイエムオペラオーとのコンビで、古馬グランドスラム(天皇賞・春、宝塚記念、天皇賞・秋、ジャパンC、有馬記念を同年に勝利)を達成したことで有名だが、その後は「関西の穴騎手」として渋い活躍を続けている。

ルメール・デムーロコンビが極度の大不振……一方で「前座」の1月だからこそ熱い存在感を放つ東西「穴騎手」の勝負駆け!のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

5:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA武豊「絶縁」噂のトレーナーと4年9ヶ月ぶりの白星! 懇意の『ウマ娘』藤田晋オーナー所有馬も所属、関係修復で依頼数「増加」なるか
  2. JRA単勝1.9倍「幻の桜花賞馬」が痛恨の敗戦……川田将雅×中内田充正厩舎「黄金コンビ」に続く秋華賞(G1)制覇の試練
  3. JRA「大差レコード負け」からジョッキーも信じられない奇跡!? 約2年20戦の時を経て「2着馬」が10馬身差の圧勝でレコード再更新
  4. JRAラジオNIKKEI賞(G3)「遅れてきた大器」が無傷の3連勝! ドゥラメンテ調教師が「南半球の怪物」と初めてクラシック制覇を見据えた日
  5. JRA武豊ドウデュースら「本当の敵」は凱旋門賞離れ!? タイトルホルダー馬主が掲げた「狂騒曲」の終止符が賛同される理由
  6. JRA「23年で1番良い馬」オグリキャップになれなかった日本ダービー(G1)1番人気。「上手く乗れなかった」強過ぎたからこそ動けなかったM.デムーロの慢心と後悔
  7. JRA C.スミヨン「入線後」の斜行でも12日間の騎乗停止! 過去には武豊とも一悶着…イギリスでやらかした「お粗末騎乗」にファンも納得?
  8. JRA今村聖奈「先約破棄」でテイエムスパーダ騎乗の謎……CBC賞(G3)重賞初騎乗Vチャンス到来も、自厩舎馬からまさかの乗りかえ
  9. JRA【七夕賞(G3)展望】棚ぼた勝利は難しいハンデ戦!? 「G1除外の無念」ヒートオンビートVS「福島の鬼」ヴァンケドミンゴ!
  10. JRA武豊×蛯名正義「同期タッグ」が北の大地でOP初挑戦! 騎乗するのは縁ある「女帝」の孫。重賞初挑戦へ繋がる勝利にかかる期待