NEW

AJCC(G2) “刺客”はゼーヴィントよりも「アノ馬」? 今週もエアスピネル、ミッキーロケットに続き「最強世代」旋風が吹き荒れるか!?

【この記事のキーワード】, ,
keiba0414.jpg

 昨年、一時は「史上最強世代」と謳われていた今年の明け4歳世代。そんな”黄金世代”が、極めて高い期待の中で挑んだ秋競馬だったが、相次ぐ有力馬の引退と、古馬の壁に跳ね返されたため、その評価は急落の一途を辿った。

 しかし、12月に入って「流れ」が大きく変わる。

 クラシックで脇役に過ぎなかったマイネルハニーがチャレンジC(G3)を制覇。年末にはシュウジが阪神カップ(G2)を勝つと、グランプリの有馬記念(G1)ではサトノダイヤモンドが現役王者のキタサンブラックとの叩き合いを制して「世代交代」を告げたのだ。

 その流れは2017年を迎えて、ますます加速。開幕戦となる京都金杯(G3)では単勝1.8倍に推されたエアスピネルが、同世代のブラックスピネルに競り勝って重賞初制覇。3着は古豪のフィエロだったものの、4着から6着も4歳馬が占拠した。

 そんな「最強世代」の旋風は、17日の日経新春杯(G2)でも続く。

 こちらも1番人気に推されたミッキーロケットが、やはり同世代のシャケトラとの叩き合いを制して重賞初制覇。さらには4着にレッドエルディスト、5着にカフジプリンスと続き、またも層の厚さを見せつけている。

 マイネルハニー、エアスピネル、ミッキーロケット、レッドエルディスト、カフジプリンス……早くも2017年の競馬を賑わしているこれらの強豪に共通しているのは、昨年のクラシックを戦った馬たちであることだ。戦績は様々だが「素質馬」が確実に成長し、確かな足取りを見せている。

 そんな大きな流れに乗りたい”新鋭”が、22日に中山競馬場で開催されるAJCC(G2)にも出走を予定している。セントライト記念(G2)2着の実績を持つ、ゼーヴィント(牡4歳、美浦・木村哲也厩舎)だ。

 昨秋、クラシック最後の一冠・菊花賞(G1)を懸けて東西で始動戦を迎えた最強世代。ダービー馬マカヒキがフランスの凱旋門賞(G1)に挑戦する一方、皐月賞馬ディーマジェスティはセントライト記念に、ダービー2着馬そして後の菊花賞馬サトノダイヤモンドは神戸新聞杯(G2)にそれぞれ進んだ。

AJCC(G2) “刺客”はゼーヴィントよりも「アノ馬」? 今週もエアスピネル、ミッキーロケットに続き「最強世代」旋風が吹き荒れるか!?のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

23:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 宝塚記念(G1)元JRA藤田伸二氏、田原成貴氏が揃って「大失敗」を指摘!? エフフォーリア陣営の迷走、元騎手だからこそ「疑問視」した違和感
  2. JRA凱旋門賞(G1)武豊ドウデュースに「想定外」の大誤算!? 現役最強に名乗り、タイトルホルダーにあって「惨敗組」になかったものとは
  3. JRA武豊や岡部幸雄を超えた福永祐一の「大記録」に黄信号!? 騎乗停止や落馬負傷はもはや許されない、名手を襲う過去最大級のピンチ
  4. JRA宝塚記念(G1)横山武史「これでは伸びない」 エフフォーリアの力負け疑惑深まる…悩める王者がいよいよ崖っぷち
  5. JRA帝王賞(G1)武豊「もちろんシンガリでした」の苦い記憶、誰もが逃げると確信したレースで「致命的」ミス…夢のタッグは競馬どころじゃなかった!?
  6. JRA武豊アリーヴォ「ポツン騎乗」のなぜ!? 宝塚記念(G1)ドゥラメンテ産駒2頭で分かれた明暗…レジェンドも危惧した「嫌な予感」が的中か
  7. JRA M.デムーロ「僕の中で一番強い」タイトルホルダーが受け継ぐ最強馬のバトン…キタサンブラックが一度も勝てなかったドゥラメンテ、「夢の続き」は父から子へ
  8. JRA「勝ち馬が強かった」川田将雅、武豊、福永祐一もお手上げ!? “伝説の新馬戦” を制したC.ルメールは「いい勉強になりました」と余裕綽々
  9. JRA武豊が「最低人気」で見せた意地 女性騎手に名伯楽が辛口ジャッジ!? アノ名騎手に批判殺到? 松山弘平「斜行」であわや……【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  10. JRA M.デムーロで「必勝態勢」春二冠女王と接戦を演じた実力馬が7番人気の珍事!? 1勝クラスで当然の勝利も、何故「10万馬券」決着となったのか