NEW

マカヒキも大阪杯(G1)に参戦! キタサンブラック、サトノダイヤモンドの「いきなり頂上決戦」可能性も、問題は「今後」と「天皇賞」?

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
makahikiuushun.jpgマカヒキ(競馬つらつらより)

 昨年の日本ダービー馬マカヒキ(牡4 栗東・友道厩舎)が、春のローテーションを国内専念とすることがわかった。初戦は2月の京都記念(G2)が決まっていたが、2戦目に今年からG1昇格となった大阪杯に向かう。

 これにより、競馬ファンは4月からいきなり「現役最強馬決定戦」を目撃することとなるかもしれない。すでに昨年の年度代表馬キタサンブラック(牡5 栗東・清水厩舎)が大阪杯への参戦を表明。さらに、昨年そのキタサンブラックを有馬記念で制したサトノダイヤモンド(牡4 栗東・池江厩舎)も参戦の可能性が残っている。

 これまでは宝塚記念や天皇賞・春で強豪が一同にぶつかるというのが恒例だったが、大阪杯がG1になったことで早々と熱い戦いを目の当たりにできそうだ。

 マカヒキは昨年日本ダービーを制したが、短距離系の血統や皐月賞でのレースぶりを見る限り、2000mのほうがより自身の力を発揮しやすいのでは、との声もある。長距離G1を2勝しているサトノダイヤモンドにとって2000mはまだ未知数。小回りで上がりのスピードが求められるレースなら、マカヒキに分があるかもしれない。

 キタサンブラックとの対決は初めてとなるが、これは非常に興味深いものとなるだろう。後方からレースを進めることが多いマカヒキだが、前に年度代表馬がいるとなれば、レースぶりを変える可能性も十分にある。マカヒキの順応性の高さも問われてくるかもしれない。

 無論、ライバルは他にも出揃うに違いない。昨年覇者のアンビシャスなども参戦してくる可能性は高く、極めてハイレベルなメンバー構成となりそうだ。ここまで強豪が出揃うと、他陣営が回避を連発してもおかしくはない。

マカヒキも大阪杯(G1)に参戦! キタサンブラック、サトノダイヤモンドの「いきなり頂上決戦」可能性も、問題は「今後」と「天皇賞」?のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!