NEW

激戦必至の好メンバー!AJCC(G2)を制し中距離路線の中心になるのは?

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
keibaup2.jpg

 22日(日)に中山競馬場で行われるAJCC(G2)。最強世代と言われる明け4歳馬と古馬の直接対決に注目だ。また、今年から大阪杯がG1に格上げされたため、中距離重賞であるAJCCの重要性はより高くなってくる。スピード、スタミナ共に高いレベルが必要なレースに出走予定の注目馬を紹介する。

 4歳馬のゼーヴィント(牡4、美浦・木村厩舎)がレースの中心となるだろう。昨年のラジオNIKKEI賞(G3)を勝利し重賞制覇を達成。その後、今回と同じ舞台で行われたセントライト記念(G2)で皐月賞馬ディーマジェスティにクビ差の2着となり実力を示した。菊花賞(G1)に出走せず、堂々の1番人気に支持された福島記念(G3)では逃げたマルターズアポジーを捕らえきれなかったが、古馬相手の重賞でも2着と安定した成績を残している。さらにハイレベルなレースにはなるが、それでも実力は上位。

 もう1頭の4歳馬ミライヘノツバサ(牡4、美浦・伊藤厩舎)は適性の高いコースでの1発を狙う。昇級初戦で相手関係は一気に強化されているが4勝全てを中山コースであげているこの馬にとってベストな条件なのは間違いない。最強世代の名に恥じないためにも、今後につながる結果が欲しいところ。

 一昨年の菊花賞(G1)3着馬リアファル(牡5、栗東・音無厩舎)は叩き2戦目となり上積みが見込める。有馬記念で故障してしまい長期休養を余儀なくされていたが、約1年ぶりとなる前走の金鯱賞(G2)では太めも0.2秒差の5着と改めて能力の高さを見せている。予想外のアクシデントで戦線離脱している間に、明け4歳馬が最強世代と言われるようになるだけでなく、菊花賞(G1)で優勝争いをしたキタサンブラックが年度代表馬になるなど、実績面で差をつけられてしまった。しかし、こんなところで終わるわけにはいかない。まずはここで結果を残して万全の状態で春を迎えたい。

激戦必至の好メンバー!AJCC(G2)を制し中距離路線の中心になるのは?のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!