NEW

武豊騎手、現役3度目の”年男”「完全復活」へ鍵はクラシック級の相棒。前回は史上最強馬ディープインパクトとの運命的な出会い

【この記事のキーワード】

, ,

takeyutaka2222.jpg

 かねてから「今年はこの馬で」と宣言していたエアスピネルとのコンビで年明けの京都金杯(G3)を制し、2017年を幸先の良いスタートを切った武豊騎手。酉年で48歳を迎える今年は現役3度目の”年男“となるそうだ。

 実は、以前に京都金杯を制したのは、2度目の年男となる12年前の2005年。ハットトリックとのコンビで重賞”初笑い”を収めており、そのハットトリックが同年のマイルCS(G1)と香港マイル(G1)を連勝したことは、エアスピネルにとっても心強い傾向といえるだろう。

 だが、それ以上の爆発を見せたのが武豊騎手本人だ。

 2005年は、輝かしい数々の記録を持つ武豊の30年を超える騎手人生を振り返っても「最も強い輝きを放った一年」だったのではないだろうか。

 自己最高記録の年間212勝は、まさしく前人未到の金字塔だ。当然JRAの最高記録であり、量だけでなくその質においても年間でG1・6勝を含む重賞23勝と充実。競馬関係者としては初めて、総合スポーツ誌『Number』(文藝春秋)の年間MVP賞を獲得している。

 その象徴となったのが、ディープインパクトとのクラシック3冠だろう。史上6頭目、無敗では史上2頭目となる牡馬クラシック3冠は、競馬界の枠組みを超えて社会現象にもなった。

 他にも高松宮記念(G1)をアドマイヤマックスで、秋華賞(G1)をエアスピネルの母エアメサイアで、ジャパンCダート(G1、現チャンピオンズC)をカネヒキリで勝つなどお手馬も充実。メイショウカイドウで小倉三冠(小倉大賞典、北九州記念、小倉記念)という珍記録を成し遂げたのもこの年だった。

武豊騎手、現役3度目の”年男”「完全復活」へ鍵はクラシック級の相棒。前回は史上最強馬ディープインパクトとの運命的な出会いのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!