NEW

武豊騎手、現役3度目の”年男”「完全復活」へ鍵はクラシック級の相棒。前回は史上最強馬ディープインパクトとの運命的な出会い

【この記事のキーワード】, ,
takeyutaka2222.jpg

 かねてから「今年はこの馬で」と宣言していたエアスピネルとのコンビで年明けの京都金杯(G3)を制し、2017年を幸先の良いスタートを切った武豊騎手。酉年で48歳を迎える今年は現役3度目の”年男“となるそうだ。

 実は、以前に京都金杯を制したのは、2度目の年男となる12年前の2005年。ハットトリックとのコンビで重賞”初笑い”を収めており、そのハットトリックが同年のマイルCS(G1)と香港マイル(G1)を連勝したことは、エアスピネルにとっても心強い傾向といえるだろう。

 だが、それ以上の爆発を見せたのが武豊騎手本人だ。

 2005年は、輝かしい数々の記録を持つ武豊の30年を超える騎手人生を振り返っても「最も強い輝きを放った一年」だったのではないだろうか。

 自己最高記録の年間212勝は、まさしく前人未到の金字塔だ。当然JRAの最高記録であり、量だけでなくその質においても年間でG1・6勝を含む重賞23勝と充実。競馬関係者としては初めて、総合スポーツ誌『Number』(文藝春秋)の年間MVP賞を獲得している。

 その象徴となったのが、ディープインパクトとのクラシック3冠だろう。史上6頭目、無敗では史上2頭目となる牡馬クラシック3冠は、競馬界の枠組みを超えて社会現象にもなった。

 他にも高松宮記念(G1)をアドマイヤマックスで、秋華賞(G1)をエアスピネルの母エアメサイアで、ジャパンCダート(G1、現チャンピオンズC)をカネヒキリで勝つなどお手馬も充実。メイショウカイドウで小倉三冠(小倉大賞典、北九州記念、小倉記念)という珍記録を成し遂げたのもこの年だった。

武豊騎手、現役3度目の”年男”「完全復活」へ鍵はクラシック級の相棒。前回は史上最強馬ディープインパクトとの運命的な出会いのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

5:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA武豊「痛かった」C.ルメール「信じられない」致命的な不利に審議も制裁もなし、ソダシ快勝の裏で被害者大量発生……あの騎手の「危険騎乗」に恨み節続々
  2. JRA武豊、金子真人オーナーも見誤った「18冠ベビー」たち…アーモンドアイ×モーリス「15冠」を超える大物の冴えない現状
  3. JRA C.ルメール「騎乗停止」疑惑に冷や汗……日本ダービー(G1)イクイノックス騎乗消滅の危機回避も、一部ファンからは「忖度」の声
  4. JRA【オークス(G1)展望】桜花賞馬を“捨てた”川田将雅の決断…大混戦「樫の女王決定戦」は新星アートハウスVS桜花賞組!
  5. JRAレイパパレも「8番目」の被害者に…M.デムーロ、川田将雅も打つ手なし!? オークス(G1)「凡走条件」に当て嵌まるのはどっち
  6. 元JRA藤田伸二氏「制裁がなかったらおかしい」名指し批判!? ソダシ吉田隼人は大絶賛も…“槍玉”に挙げられた意外な騎手
  7. JRA「何故」ソダシの独壇場だったのか。G1馬5頭の史上最高メンバー集結も、拍子抜けのワンサイド…楽勝劇を生んだ「思惑」の交差と「想定外」のアクシデント
  8. JRAオークスでファンを悩ませる川田将雅とアートハウス、ルメールとスターズオンアースの乗り替わり。そして盲点となる意外な穴馬!
  9. JRA日本ダービー(G1)横山典弘「騎乗停止撤回」を申し出るも却下に不満の声。息子「やってやりますよ!」に期待
  10. 武豊、異例の「超マジギレ」に恐怖……温厚なスターを激怒させた「おしくらまんじゅう事件」