NEW

松本人志が角田信朗を『ワイドナショー』で糾弾! 理解に苦しむ行動の裏には、やはり「パチンコ営業」が……?

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
pachinkoya.jpg

 22日に放送された『ワイドナショー』(フジテレビ系)で、自身のブログでダウンタウン・松本人志と8年間「確執」があることを告白した格闘家の角田信朗を、松本本人が糾弾した。

 松本は話題を振られ「カビの生えた話、8年話を今さらします?」と理解に苦しむ様子ながら、当時の状況を説明した。以前、『ダウンタウンのガキの使いやあらへんで』(日本テレビ系)の企画でオファーしていた角田が寸前でドタキャン。本人は「自粛」と主張しているが、松本は納得できない様子だった。企画はかなりおおがかりなもので、それが流れてしまった損失は大きかったようだ。その後、手違いで角田にオファーを出し、それをキャンセルしたことについても「その人とまた数カ月後に笑いながら番組してたら、ほかの人達からしたら何やねんという」と、周囲の状況を見ての行動だったと吐露。

 そして松本は「8年も経って、僕を名指して(ブログで)話しているのか分からない」と最後まで角田の行動に疑問を拭えないようだった。

 確かに、わざわざ多くの人の目に入るブログで、芸能人個々の関係性を暴露する意味はないように思える。当人同士の話合いで解決するほうが自然なことであり、世間の注目を集めようとしているように見えるのも仕方がないだろう。

 今回の暴露によって、角田と松本の関係は修復するどころか悪化してしまった部分は拭いきれない。このような結果になるのは十分予想できるはずだが、その行動の真意は何なのか。

「やはり、今の角田さんの収入源であるパチンコ営業の影響ではないでしょうか。『花の慶次』シリーズの主題歌を歌ったり、全国のパチンコイベントに参加したりとかなり稼いでいたようです。ただ、東京都遊連が有名人招致イベントの告知を注意するなど、徐々にイベントの数が減少する可能性は大きく、今後角田さんの収入源が大きく失われる可能性も否定できません。

松本人志が角田信朗を『ワイドナショー』で糾弾! 理解に苦しむ行動の裏には、やはり「パチンコ営業」が……?のページです。GJは、パチンコ・パチスロ、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!