NEW

今大会で「WBC消滅」は本当か?中立性を欠いた主催者国アメリカの「ご都合主義」で未熟な国際大会は運営崩壊の一途

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 しかし、その一方で歴史や規模に大きな開きこそあるものの、WBCの収益は第1回大会で約15億円。スポンサー収入や放映権料などでも80億円ほどの収入があったそうだが、実際に先述したESPNは「WBCは営業的に成功しているとは言い難い」と認めている。

 したがって、収益面での改善が見られない限り「WBC消滅」という道筋は極めて現実的なものといえるだろう。

 米国だけでなく日本国内においても、あらゆる面でその煽りを受け、WBC人気は下降の一途を辿っている。ただ、この問題は単に一つの”未成熟な国際大会”が消滅の危機に瀕しているというだけでなく、緩やかな下降を続けている日本の野球人気にも確実な影響を及ぼすことだろう。

 目に見える明確で大きな目標や夢が失われることは、野球をする子供の将来に小さくはない影響を与える。実際に日本のプロ野球がWBCに対して世界トップレベルで”従順”なのは、そういった背景も少なからず存在しているはずだ。

今大会で「WBC消滅」は本当か?中立性を欠いた主催者国アメリカの「ご都合主義」で未熟な国際大会は運営崩壊の一途のページです。GJは、スポーツ、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!