NEW

福永祐一騎手、悲願の日本ダービー勝利はもらった!? 武豊騎手も復活に導いた「縁起のいい馬主」とクラシックのコンビ決定

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
fukunagayuuichi0223.jpg福永祐一騎手(Cake6)より

 先週、インフルエンザで日曜11鞍すべてが乗り替わりとなってしまった福永祐一騎手。昨年は落馬負傷もするなど、時折トラブルが起こる印象もなくはないが、競馬界屈指のトップ騎手であることは揺ぎ無いだろう。

 そんな福永騎手に対し、熱い想いをもって騎乗馬を託す馬主がいる。キズナとワンアンドオンリーでのダービー連覇、昨年もアウォーディーにラニなど競馬界に毎年話題を振りまいてくれる「ノースヒルズ軍団」前田幸治代表だ。

 福永騎手は24日更新の「netkeiba.com」内のコラム「祐言実行」で、今年の牡馬クラシック路線をカデナ(牡3 栗東・中竹厩舎)で挑むことを明言した。

 カデナの馬主は、前述の前田代表。現在4戦2勝2着2回で、前走ラジオNIKKEI2歳S(G3)では見事な末脚で初重賞制覇を掴んだ期待のディープインパクト産駒だ。これまで4戦ではすべて上がり最速を記録するなど将来性は抜群。福永騎手とは3戦目からコンビを組んでいるが、このままクラシック戦線に臨むようだ。

 ただ、福永騎手といえば、言わずとしれた人気ジョッキー。当然ながらお手馬の中には他にも「クラシック候補」の馬がいる。それが、14年のジャパンCを制したエピファネイア、そして15年の朝日杯を制したリオンディーズの弟であるグローブシアター(牡3 栗東・角居厩舎)だ。

 グローブシアターもまた新馬戦を完勝。次走のホープフルSではレイデオロに完敗の3着だったが、兄たちの活躍を思えば今後の成長に期待大の逸材だ。カデナとグローブシアター、この選択は福永騎手も相当迷うと思われたが……。

 実は、この選択は昨年11月、京都2歳Sの時点で決まっていたようだ。

 カデナが京都2歳Sを見事に勝利後、前田代表は同馬の今後について問われた際、「日刊スポーツ」にこう返答している。

福永祐一騎手、悲願の日本ダービー勝利はもらった!? 武豊騎手も復活に導いた「縁起のいい馬主」とクラシックのコンビ決定のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!