NEW

大器サトノアーサー出陣でライバルが敵前逃亡!? サトノダイヤモンドに続く2年連続の”化物”降臨で3歳重賞に「異常」現象

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
satonodaiyamondosatuki.jpg昨年きさらぎ賞覇者のサトノダイヤモンド(競馬つらつらより)

 数日後に迫った2月には、近年のクラシックを占う上で格段に重要性が増している「2つの重賞」がある。きさらぎ賞(G3)と共同通信杯(G3)だ。

 東西に分かれ、どちらも芝1800mで行なわれる重賞だが、昨年の勝ち馬サトノダイヤモンドとディーマジェスティが弥生賞(G2)やスプリングS(G2)といった王道トライアルを挟まずに皐月賞に向かったように、近年のクラシック戦線では必然的に高い注目が集まっている。

 ただ今年の……いや、今年”も”両重賞の出走メンバーに「大きな差が出るのではないか」と話題になっているようだ。

 昨年は共同通信杯に、ホープフルS(G2)の覇者ハートレー、東京スポーツ杯(G3)の勝ち馬スマートオーディン、京成杯(G3)の3着馬メートルダール、京都2歳S(G3)2着のリスペクトアース、サウジアラビアRC(新設重賞)2着のイモータルなど、すでにオープン実績を持っている猛者が集結。戦前から大きな注目を浴びた。

 それに対してきさらぎ賞の方は、オープン以上で馬券圏内に入った馬が皆無という極端なメンバーの差が出たのだ。

 無論、そこに関東馬と関西馬の差や各陣営の思惑があったことは紛れもない事実。だが、このような大きな偏りが出た最も大きな理由の一つは、やはり昨年のきさらぎ賞で単勝1.2倍と、断トツの人気に推されたサトノダイヤモンドの存在があったからだろう。

 デビュー戦、500万下と圧倒的なパフォーマンスで連勝を飾ったサトノダイヤモンドに対して、一部のメディアからは過去にクラシック3冠を制した「ディープインパクトやオルフェーヴル以上」という評価が下った。

 その真偽はさておき、他のライバル陣営からすれば、それほどの評価を受ける”化物”と「クラシック本番までは戦いたくない」と思うのが自然だろう。若い馬が自信を失ってしまうこともあるし、当然ながら賞金面での問題も出てくる。

大器サトノアーサー出陣でライバルが敵前逃亡!? サトノダイヤモンドに続く2年連続の”化物”降臨で3歳重賞に「異常」現象のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!