NEW

阪神・藤浪晋太郎WBC代表入りに歓喜と落胆!? 人気球団ゆえに響くファンの悲しき咆哮

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 3月に開催される第4回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)へ出場する日本代表選手28人中27人が発表された。

 侍ジャパンの小久保裕紀監督は「過去に戦ってきたメンバーや強化試合も含め、どの布陣がベストなのかずっと考えた」とコメント。過去の実績を踏まえ慎重に今回のメンバーを決定したようだが、その中で最も頭を悩ませたのは「投手」の選出だったようだ。

「投手を中心」とした守りの野球を持ち味とする侍ジャパン。小久保監督は海外の選手との対戦経験が豊富な「日本人メジャーリーガー」投手の招集を目指してきたが、不参加の表明が相次ぐことになり断念せざるを得なかった。

 結果として国内組だけで投手陣を形成することになったが、日本プロ野球界を代表するエースに登りつめた日本ハム・大谷翔平投手や、巨人のエース菅野智之投手を軸にした布陣で臨むことになりそうだ。

 日本プロ野球界を代表する名だたる選手たち。代表と呼ぶに相応しい投手陣ともいえるが、すべての人間がベストと思っている訳ではないだろう。人によって選考基準が異なることは当然であり、さまざまな意見が飛び交っていることにも納得だ。

 その中でも多くの意見を集めているのが、人気球団の阪神タイガースより唯一選ばれた投手。最速160キロを誇る、虎の若きエース「藤浪晋太郎」投手である。

 藤浪投手は各世代の代表として日の丸を背負ってきたエリート。プロ入りから3年連続で二桁勝利を挙げるなど実績・実力ともに申し分はない。

 しかし、昨年は7勝11敗・防御率3.25と本来の実力とはかけ離れた結果。エースとしての役割を果たせず、チームの低迷を救うことができなかった。個人的にもプロ入りから続いていた二桁勝利を逃すなど、不本意なシーズンであった。

阪神・藤浪晋太郎WBC代表入りに歓喜と落胆!? 人気球団ゆえに響くファンの悲しき咆哮のページです。GJは、スポーツ、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!